雑食に、イロイロなものを。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    目標進捗
    0
      早いものでもうすぐ2015年の1ヶ月が終わる…
      目標振り返りのためまとめ。


      英語→
      英会話を1月中旬から開始。
      語彙力伸ばすため単語帳も毎日実施。
      これからはTOEIC対策と、英会話の内容をグレードアップすることも加える。


      貯金→
      …がんばります。より具体的な計画を。
      ひと月ごとの目標金額を作るか、別口座に無理やり分ける。


      旅行記録→
      ノータッチ。PCが壊れたため、まず買い替えか…
      貯金との兼ね合いが悩ましい。
      webでの公開方法要検討。

      相方→
      わたしが覚悟がない。
      ゆえに、少しケンカが増えた。悲しいこと。
      ちゃんと信じて向き合うこと。
      そして笑って過ごすこと。
      相方を楽しませたい。


      改めて心を入れ替えて。

      2015
      0
        2014年の振り返りを書こうと思ってたら、まさかのPC壊れて振り返れず2015年を迎えました。
        わたしらしい。

        あけましておめでとうございます。


        2015年の目標を4つ。

        ・英語力上達。
        英会話習い、TOEIC800点を目標に。

        ・貯金!
        旅行と次のステージのために。金額はここでは書かない。

        ・旅行記録をデータベース化
        アナログになるかも、どのような形式かも考えてないが、自分の強みをきちんと形にする。

        ・相方と楽しく過ごす。
        ケンカはしてもいいけど、売り言葉に買い言葉にならない話し合いをしてもらえるよう、自分も気を付ける。
        ケンカしたなら最後は握手かハグで終わる、お互い納得する形を。


        少し趣向が変わってきました。
        少しずつ大人になっているのでしょうか。
        いい年なんで、そうでないと困りますね。


        初日なので決意表明までに。
        寝て起きたら計画立てます。

        47都道府県制覇、と、観光地について
        0
          前回の更新から半年以上?そんなバカな…!



          その間何があったかというと

          特にわたし個人で変わったことはなく、

          健康で暮らしています。w





          そして、趣味の旅を続けていたら、

          ようやく47都道府県制覇!



          その記念に、と、

          「47都道府県の記録」をGoogleMapで作ってみた。



          こうやってみるとまだまだ穴だらけ。

          行ったとは名ばかりのところもあるし。

          さすがにご飯食べに行っただけの場所は省いているけど、

          それでも浅くしか知らないところは多い。

          もっといろいろな日本を知りたいな。







          制覇したことによって、当然ながら何か変わったわけではなく、

          振り返るとその過程で変わっていったのだなーと思う。



          自分の好きなこと。興味を惹かれるもの。

          それらが発見できたのはもちろん、

          いろいろな場所を訪れるに従って、

          その土地ならではの葛藤や課題に目が向くようになっていった。





          うまく説明できないけれど、

          観光地であることを心底喜んでいる土地なんて、おそらくどこもなかった。

          葛藤もなく、順風満帆に観光地として繁栄している土地なんて、当然なかった。



          その土地を愛している人はたくさんいる。

          でも、「観光地」として愛しているのか、それはまた別の話。



          観光地が観光地としてうまくいっている場所ほど、

          観光地ならではの問題と、自分たちの生活とをうまくバランスをとって折り合いをつけていた。

          そして、観光地化することが向いている土地と、向いていない土地があることも分かった。



          単純な結論は、”観光地化に向いていない土地に無理に人を集める施策をしなくても良い”、

          なんだけど、すぐ情報が検索できてシェアできる世の中ではそういうわけにもいかないだろう。

          また、観光地として繁盛しないと、生活できない場合もあるし、難しいだろう。





          過疎化と経済力低下が進む地域に、一大観光スポットがあるとする。

          その観光スポットまでの道を整備して、観光客にやさしい施設を作れば、

          きっと観光客は増えるだろう。新たな住民が増えるかもしれない。

          そのおかげで、きっとその地域は潤うだろう。



          ただ、それは観光地を荒れさせることにもつながる。

          新しい建物を建てることで景観を損なうことにもなるし、

          当然ながら、外からの人が増えることは、理解のない人も増えるわけで、

          ただ自分の願望のために訪れて消えることも少なくはない。



          そうしてできた観光地は、飽きたらすぐ忘れられて朽ちてしまう。

          不便な場所にあるのであれば、尚更。



          人が増えて潤ったけれど、少し荒れた生活の場所を見て、住民はどう思うか?

          もう観光地化はいい、と思ってやめてしまうかもしれないし、

          観光地として今後どう生きようか?と考える人もいるだろう。

          そこできっとまた反発がある。



          …こういった葛藤を繰り返しながら、残ってきたのが、

          今、観光地として賑わっている場所で。

          旅の途中、そんな場所を当たり前のように歩いている自分に気づいて、

          なんだか恥ずかしくなったりもした。







          観光地には、「折り合い」と「受容」が必要不可欠。



          観光地はハリボテじゃない。

          観光先の人のことを考えて訪れること、

          その観光地を守ってくれた人たちに感謝して訪れるようになりたい。

          (そしてむやみやたらなシェアは控えたい…。けど難しいね)



          そして観光地自体も、

          観光地であることを受け入れていくのであれば、

          「変化させない」ように守ることと、

          住民が「変化し続ける」ことが必要だと思う。





          ちなみに、後者をこの数年でうまく遂行してきたなあと思うのは、直島、犬島などの瀬戸内海の島々。

          (企業が絡んでいるからちょっと他のケースとは比べられないかも。

           そして実際うまく折り合いついていないかもだけど…)

          そしてきっとこの島はこれから先数年が正念場ですね。

          また、今後その壁に当たるだろうなーと思うのは、五島列島の島々。

          どちらもあくまで自分が行ったことのある土地についての個人の感想です!





          次回は、直島、犬島を数年見てきて感じた変化についてと、

          五島列島で聞いた観光地化に当たっての弊害について、書いておきたい。



          …なるべく近日中に!

          最近の気付き
          0
            SNSからちょっと身を離して、ブログにて。
            楽しいんだけど、気になっちゃうから、少し自分のことに集中しようと思って。
            ほんとに必要な情報は自分で確認するし、直接連絡したいから、逆にシャットアウトして良かったかも?


            さて、最近は仕事に振り回される日々を過ごしています。
            楽しくもあり、プライベートとの両立がうまくできてなくて辛くもあり。
            今が頑張りどきなので駆け抜けたいけど、体力にも限界あります、年齢的に笑

            土日は外に出かけたり体動かしたり、ふらっと旅行に行きたいのに、
            それが満足できるほどできていないのが、
            今いちばん良くないことかも。
            そして疲れてそのモチベーションが削がれているのが問題…

            な、なんだか暗いことばかりになってきたぞ…!


            気を取り直して、最近の気付きを。


            ・素を出す。
            好かれたいと思う人には、ついいい人、しっかりした人ぶってしまうけど、
            「お前の魅力は素だ!」(ほんとかよ…)
            と散々言われまくったので、少しずつマイペース出していこうと思います。
            仕事の関係の方だと特にしっかりしてなきゃって思うけど、緩急はつけないと面白みないよね。
            人として魅力的だと思わせるように、
            って考えるのはいけないけど、
            素のままで好かれるのが1番いいから、素を出して行こうと思います。
            嫌われません様に!笑


            ・話せば大抵の人は好きになれる。
            ほんとに!
            正直苦手だなー、何考えてるかわかんないなー、って人でも、
            とにかく話しかけたり飲みに行ったりしてると、人となりや良いところが分かって、
            気付くと仲良くなってることが最近ある。

            昔は苦手な人には近付かないようにしてたけど、フィルターかかってたのよね。
            会社の同僚と仕事の考え方に相違があって、この人とは合わないなーって思ってたんだけど、ふとしたことで飲みに行ったらそんなことはなくなって。
            私も成長したということなのかな。

            あとは、心理学的に、対象のことを知れば知るほど嫌いになりにくくなる
            ということがあるそうで、まさにそれの応用かも。
            と、考えると、もっと人に自分のことを知ってもらうためにオープンになる必要もあるわね。
            最近会社では開けっぴろげにできるようになりましたが、
            プライベートもそうしたいと思います…


            ・縁は大事に。
            プライベートでも仕事でも、幸いなことにいい方に恵まれている。
            そんな人たちとは会えるチャンスがあれば積極的に会いに行く。
            こないだは遠方の元担当者さんが名古屋に来てたので、
            会えるかもと思い会場に行ったが不在だったという肩透かしを喰らいましたが…
            でもほんとに人との縁は大事にしたい。
            会いたい人に会うのが、楽しみや原動力につながる。


            ・体を動かす
            気分がパッとしないときほどそう。
            体は心とリンクしてるので、運動して高揚すれば、気持ちも上がる。
            休職中、気持ちが全く折れたりしなかったのは、毎日ランニングしてたからだと思います。
            疲弊して心が折れそうな今、ランニングやらヨガやら頑張ります…笑


            当たり前のことなんだけど、最近ハッとさせられることが多いので、
            この気持ちを忘れないようにメモ。
            変化点
            0
              少しずつ何かが変わっていくことを感じている。
              春だからかな?んなわけないか笑
              でも多少それもあるような…?

              10月に復職して早6ヶ月。
              新しい期を迎えて、新しい仕事にも取り組むようになった。
              ちょうどいい機会なので少し振り返ってみる。
              なんか恥ずかしいけど、記録として。



              復職直後の状態はむしろ体調絶好調、早く仕事したい!くらい。
              ただ仕事内容がガラリと変わったこともあって、
              正直戸惑いと悔しさがあった。
              悔しさのほうが大きいかな。前の仕事がとても好きだった。
              休職で迷惑かけた身だから、前の仕事やらせてほしいなんて言えなかった。いいたかったけど!笑

              新しい仕事は広告の運用?サポートで、わたしの苦手とする分野だったから
              けっこうプレッシャーやストレスもあった。

              しばらく快調に過ごしてたんだけど、
              11月末くらいからなんとなく体調悪くなって、吐き気が出るようになった。
              だれにも言えなくて、仕事休むほどでもなくて、そういう微妙な状態が休んでるときより辛かった。
              でもこれは復職後の自分の意地で、絶対に休まないで頑張るって決めてたから、
              吐き気ひどくても休むことはしなかった。とはいえ、辛かったなぁ。

              そんなときに上司に思い切って話してみたら、
              週一で仕事も体調もなんでも話せる時間を作ってくれた。
              これは本当にありがたかった。
              仕事で抱えてた色んな不安を話したり、それをきっかけにメンバーにも自分の気持ちを話せるようになって。
              1人で抱えてていいことない!って気付かせてもらえた。

              とはいえ、しばらく吐き気は続いた。
              でもこれは昨年もあって、何か強いストレスや緊張を感じるときになってたので、
              何に対してストレスを感じてるのかを探りながら生活してた。
              でもよくわからなかった笑
              ので、何かにストレス感じてるんだなーって認めた上で、
              特に考えすぎないように過ごした。

              そして3月に入ってから劇的に良くなった。
              理由は分からない笑
              でも考えすぎないこと、そしてストレスためずに楽しく過ごすことが良かったように思える。

              その後3月半ばに思い切って名古屋へ引越し。
              少し自由になりたかったのと、吐き気で電車乗れなくなることへの対策として。
              1人暮らしは3年か4年ぶりなので緊張したけど、
              1人で全部やる、という体を動かす生活があっていたのか、体調崩すことなくやっている。
              マイペースに生活できるし。
              まわりに友達や助けてくれる人がいるから、というのも重要!
              おかげで楽しく過ごせてるからね。

              あとは仕事を任されたり、大変だけどやりがいのあることがある、というのが良いみたい。
              少しのストレスはモチベーションになってハリも出る。

              そして気付いたんだよなぁ、わたし今の仕事も割と好きなんだって。
              だから任されたのがうれしくて、忙しさも楽しさになってて。


              振り返ると3月まではリハビリ、に近かったのかも。
              本人は10月一杯でリハビリ完了の気分だったけど笑、
              体調戻って仕事に意欲的になるまではやっぱりリハビリだった。
              そんな時間も重要でしたが。


              そして今、少しずつ自分の中で変わっていくものがあるのを感じてる。
              ちょうど今が変化点なんだと思う。
              まさか仕事がそのきっかけになるなんて思わなかったけど笑
              ま、仕事だけじゃありませんが…

              休職したことで、自分の体が一番大事という認識もついたし、自分の限界ラインも分かった。
              その上で、以前と同じように仕事に前向きに打ち込めるようになったのは、実はすごい変化なんじゃないかって。
              うまくバランス取れてる証拠だと思う。
              仕事だけでないいろいろなことにも意欲的になって。
              一人旅も前みたく楽しめるようになった。
              むしろ旅行きたすぎてやばい。笑

              復職後も、念のためということで通院してたんだけど、
              頻度も減らしてOKになった。
              お酒も解禁。笑
              漢方とかも飲む頻度勝手に減らして良くなった。
              やっぱり楽しみがあると回復力変わるね。
              夏までにモヒートごくごく飲めるくらい酒慣れします。

              とはいえ、過信や頑張りすぎは禁物。
              うまく自分でバランスとって、
              いろんな人に頼りながら、楽しんでいこうと思う。

              仕事もプライベートも、マイペースにがんばる!
              無題
              0
                夜の街を車で走りながら。
                信号待ちで同乗者と仕事の話をしていた。
                出張だとか、新しいプロジェクトだとか、
                色々大変そうな相手に、ふと尋ねた。

                「不安にならないの?」

                『うーん、でも、何を選んでも不安はなくならないよね』

                だから、考えても仕方ない、と。


                ハッ、とした。
                前を走る車のテールランプが、ふと柔らかくなったように感じた。
                気が付けばちょうど信号が青に変わったところ。
                柔らかく感じたのは、前の車の運転手がブレーキを踏む足を緩めたせいだろう。
                ただそれ以上に、私の中の何かが消えたことを感じていた。


                ”わたしは何をこんなに不安に思っていたのだろう?”
                ふと、自分のことを振り返っていた。


                正直、話を聞いた瞬間は、少し危ういとも感じた。
                いくら不安はなくならないと言ったって、仕方なくたって、
                がむしゃらに頑張って、自分を傷めつけてしまわないだろうかと。
                でもそれこそが杞憂なんだろう。
                だって、"不安があるのは当たり前"なんだから。
                その人は、それを”覚悟”しているのだから。


                一方、覚悟がない私は、
                「どうしよう」とばかり考えて、不安にとらわれていたんだ。
                だから色々なことに理由を付けて、少し、遠巻きにしていた。
                中途半端だったんだ。

                だから、ハッとした。
                当たり前のことに目を伏せていた自分に。



                私が色んなことに過度に不安を感じ始めたのはいつからだろう。
                深く考えなくても、おそらく休職してからだと気づく。
                確かに、あの時の経験は私に深く残っていて、
                怖かった記憶のひとつになっている。

                復職してからも、
                本当に私は役に立てるのだろうか、
                またあの症状が出ないだろうか、
                迷惑かけないだろうか、
                …と、色々不安になりながら、二の足を踏んでいた。
                とはいえ、必要なとき以外に会社を休むことはしなかったし、
                軽い症状が出たときも、ふさぎこまないで、
                無理矢理にでも出かけるようにした。


                ただ、わたしにできたのはそこまで。
                本当にわたしがやりたいことには本格的に手を出せなかった。
                「不安だったから」、それだけじゃない。
                それを理由に逃げていたんだと思う。

                できなくても仕方ない、
                自分の身体が第一優先だ、無理するな。
                そう思って、逃げてたんだ。
                やりきる覚悟が足りなかった。
                自分が感じている「不安」が大き過ぎて、
                それに立ち向かうことを半分あきらめていた。

                たしかに私はまだ不安や緊張を感じやすい状態にあるかもしれない。
                でも、多少なりとも、誰しも不安はあるもの。
                そして、大抵の人はそれに負けずに立ち向かっていること。
                そんな当たり前のことを忘れてしまっていた。

                私は私なりに、不安に立ち向かっていたのだとは思う。
                でも、いつしかそこには”甘え”ができていて、
                「今の私ならここまで頑張れたらいいや」って思っていた。

                医者から見たら、それは正しいのかもしれない。
                無理をして悪くなるようであれば当然良くない。
                でも今の私は…、やっぱり"甘え"だと思う。


                向かい合おう。
                何をしても出てくる不安と。
                そして、本当に自由に、自分のやりたいことをやろう。

                まずは仕事面でやりたいことをやっていこう。
                そして、いつかのための英語と旅行業の勉強を。
                そして大好きな1人旅にも。
                プライベートでも、緊張する場に飛び込んでみよう。

                だめだったら、そのときに考えればいい。
                相談できる相手はいくらでもいる。
                だめなときの選択肢も、きっとたくさんある。
                考えてても、仕方ない。
                必要なのは、飛び込む"覚悟"だ。




                当たり前のことに気付かせてくれてありがとう。
                本人はそんな風に思われてるだなんて、知らないだろうけど。
                本気でがんばってみるよ、私。
                島根/山口/広島(2011年10月の話)(2)
                0
                  2013年になったので色々と目標とか思いの丈を書き綴ろうと思ったのですが
                  途中の旅行記事があったのでとりあえずそれを書き終えてから。笑
                  (とはいえまだ2012年の旅行記全部終えてない、、、まあ追々がんばります)

                  てかもはや前の記事も覚えてない…ちゃんとせねば。



                  中国地方旅行3日目は山口・岩国にある錦帯橋!
                  山の上に岩国城も見えます。
                  RIMG1362.JPG

                  錦帯橋は3年前くらいに宮島に来るついでに、
                  「多分なかなか来ることないだろうから行ってみよう」
                  と思って行ったのですが、また来ることになるとは。
                  とても素敵だからいいんですけどね。
                  不思議なものです。

                  3年前のときは気が付かなかったというか知らなかったのですが、
                  巌流ゆかりの柳があるとのことで見てみる。

                  RIMG1351.JPG
                  ここで佐々木小次郎が練習して「ツバメ返し」を編み出したようですよ。
                  ほんとかな。ほんとだったら萌える。ロマン…!

                  これは何だったかな。
                  (調べる…)香川家長屋門でした。
                  RIMG1354.JPG

                  「香川家長屋門」 (かがわけながやもん) は岩国藩家老香川氏の表門で、
                  1693年 (元禄6年) の建立と伝えられています。
                  とのこと。
                  岩国市の建造物の中でも古いものらしいです。
                  いつでも見学出来ますが、中の庭は個人のものらしいのでご注意を。


                  そしてテクテク歩いて錦雲閣へ。
                  RIMG1355.JPG

                  錦雲閣は、
                  1885年 (明治18年) に旧岩国藩主吉川家の居館跡が公園として開放された際、旧藩時代の矢倉に似せて造られた絵馬堂

                  とのこと。雪景色などはより素敵みたいです。見たい!

                  そしてその近くの吉香神社に。
                  RIMG1357.JPG
                  萱葺きの屋根が良い感じ。

                  本殿もどっしり構えてます。

                  RIMG1358.JPG
                  お守りほしいなーと思ってうろうろしてたのだけど、社務所が開いておらず断念…。


                  そしてここで集合時間。
                  一路宮島へ!

                  厳島神社は過去に3度ほど訪れているのですが、
                  ほんといつ行っても素敵で、ロマンチック。
                  海の上に建っていること、
                  潮の満引きで顔が変わること、
                  社のつくり。。。どれも興味を惹かれます。


                  というわけで4度目の上陸!

                  相変わらず鹿がのんびり〜。
                  RIMG1371.JPG

                  そして時間帯は満ち潮気味。
                  わたし満潮のときの厳島神社が好きなんです。嬉。
                  RIMG1373.JPG
                  海に浮かぶ姿たまらんぜよ〜
                  RIMG1381.JPG

                  舞台を通して鳥居を臨む。
                  舞をみてみたいなあ。。。
                  RIMG1383.JPG

                  そして本殿。
                  RIMG1384.JPG

                  能舞台もありますよ〜。
                  ほんと粋。素敵すぎる。
                  RIMG1387.JPG

                  厳島神社を見終わった後、45分ほどフリータイムになったので、
                  いつも行ってる牡蠣屋に行こうと思いつつ、
                  ただの飲んべえで終わってしまうのでぐっと我慢。
                  おとんとおかんを牡蠣屋へ連れて行ってからは、1人で観光。

                  まだ行ったことがなかった大聖院へ。
                  RIMG1390.JPG

                  「明るい社会は 合掌から」

                  うん、分かる気がする。

                  大聖院は高台にあるので、ちょっと足腰こたえますが、
                  登るといい景色♪
                  RIMG1392.JPG
                  階段があるせいか、人もそんなに多くないのでおすすめです。

                  そして集合時間。。。
                  楽しかった弾丸ツアーもこれにて終了。
                  厳島神社を後にして、そのまま広島駅で解散。
                  ツアーで一緒になったひとたちとも挨拶をして、帰路につきました。



                  おみくじは気まぐれに引くタイプですが、
                  厳島神社では必ず引く!と決めている私。
                  なぜか厳島神社で引くと、ピンと来る言葉をもらえるの。
                  そしてなぜかいつもいい結果がでるの。笑

                  今回は、「岩戸開兆」。
                  今までよくなかったこともあったけど、心を正直に持って怠けていなければ、
                  良くなって行くよー。さらに信心をもってやってけば間違いなく良くなるよ。とな。
                  RIMG1398.JPG

                  というわけですべて良い感じ。ムフフ。
                  RIMG1399.JPG

                  次行く時はどんな啓示をもらえるのだろうかー。。。


                  そして今回のお守り。

                  RIMG1400.JPG
                  左上から順に、
                  瑠璃光寺、厳島神社(ピンクのも)、大願寺
                  松陰神社、大聖院

                  厳島神社のお守りは色違いでも所持。ほんとに好きなんです、厳島。
                  松陰神社のお守りの柄がユニークでお気に入り。
                  えんむすびについては触れないで下さい笑
                  島根/山口/広島(2011年10月の話)(1)
                  0
                    過去の旅記録…。
                    いつリアルタイムになるのか…。
                    とりあえず残しておきます。




                    2011年10月(だったと思う)、両親と島根・山口・広島へと
                    旅行へ行ってきました。

                    いつもなら自分でプラン組んで行くのだけど、
                    この時はツアーで。
                    思い返すと人生で初めてかもしれない、
                    参加型ツアーで旅行したのは。自分でもちょっと意外。

                    ツアーは
                    1日目:広島集合(広島焼たべる)→津和野→松陰神社・松下村塾→萩→長門→青海島周遊
                    2日目:秋吉台・秋芳洞→瑠璃光寺→湯田温泉
                    3日目:錦帯橋→宮島→原爆ドーム・平和記念館→帰宅
                    という行程でした。(1年前の記憶なのでコースが違っているところがあるかも)

                    ツアー旅行は運転しなくて良いし、何よりガイドさんが
                    すごく知識豊富なのでバスの中でも飽きない!
                    何の変哲もなさそうな景色でも、
                    「この瓦は…」「この川は…」「この地域は○年の台風で…」
                    など、止まることのないトークに感心しっぱなしでした。
                    以前長崎へ旅行したときもそうだったけれど、
                    やはり旅行では現地のガイドさん、詳しい人は重要だなあと思います。


                    旅行日最初の日はあいにく天気が悪く、どんより。

                    でもそのおかげで広島奥地の山がなんか神秘的な感じに。

                    広島って、北にトンネル抜けると割とすぐ山だらけ、なんですね。

                    そんなトンネル抜けた先には国体村があって、
                    山の景色とはマッチしない多くの高層建物群にびっくり。
                    今ではマンションとして使われているそうです。


                    さて、バスに乗って1時間ちょっとしたら津和野につきました。
                    津和野、山口県だと思いきや島根県なんですね。
                    間違えると島根県民が怒るってガイドさんが言ってました。気を付けよう・・・

                    津和野はかつて城下町として栄えた町。
                    今でもその面影がたっぷりと残っています。
                    RIMG1202.JPG
                    ちなみに、あの森鴎外も津和野出身。
                    あとにも出てきますが、山口といい島根といい、
                    この辺りは偉人が出すぎだと思います。
                    きっと今でも頭のいい人が多いに違いない。

                    藩が建てた学校、養老館。
                    儒学や医学など、色々な学問を教えていたとのこと。
                    RIMG1203.JPG


                    多胡家の楼門。津和野のお殿様に11代にわたって仕えたお家です。
                    RIMG1204.JPG

                    なお、津和野には「鷺舞」と呼ばれる伝統芸能があるとのことで、
                    その記念の銅像が建っています。
                    RIMG1205.JPG
                    ちょっと見てみたいなー。


                    また、津和野といえば「乙女峠」。
                    長崎から送られてきたカトリック信者が、藩の改宗のすすめにも応じず
                    遂に殉教することになる地が、乙女峠です。
                    乙女峠にあるマリア聖堂は見ることができませんでしたが、
                    津和野のカトリック教会は見ることができました。
                    乙女峠の資料室が隣接しています。
                    RIMG1207.JPG
                    長崎だけでなく、各地でこのようなキリスト信者に対する
                    拷問が行われていた時代を思うと、胸が苦しくなります。
                    今の日本の、自由に宗教を信仰できることが、どんなに幸せなことか。


                    その後、津和野のお土産屋さんなどを見ているうちに
                    時間が来てしまったので次の目的地へ。
                    そういえば津和野駅にはSLが停まってましたよ。
                    レトロで素敵だった〜。


                    そして次の目的地はここ、松下村塾・松陰神社です。

                    松下村塾。
                    RIMG1216.JPG

                    吉田松陰といえば、歴史の授業でぼやーっとしか覚えてなかったのですが、
                    この人、とても過激な人だったんですね。衝撃。

                    ロシアの軍艦に乗り込もうとしたり、ペリーに「密航させてくれ!」と頼んだり、
                    それを自首して投獄生活を送ったり、、、
                    その後出て来て高杉晋作などを育てる松下村塾を主宰したと思いきや
                    老中暗殺計画を企て、政府に怪しまれ再度投獄、
                    さらにまたそこで暗殺計画を自供して処刑される、、、なんとまあ。

                    真面目で直情的で熱い方だったんだろうなあ。
                    だからこそたくさんの門下生がいたに違いない。

                    こんなこじんまりとした(失礼)塾に、たくさんの門下生が通って
                    教えを請うたりしていたことを考えると、なんだか身震いします。
                    いや、当時からするとだいぶ大きな塾だったのかもしれませんが…。
                    RIMG1225.JPG


                    そして松下村塾奥にある松陰神社。
                    RIMG1223.JPG
                    学問の神様ということでここでもばっちりお守りGETしました。
                    (最後にまとめてお守りアップします)


                    松下村塾と松陰神社を訪れた後は、萩の町へ!
                    行きたいなーと思いながら行ったことがなかったので、
                    楽しみにしてました。

                    ガイドさんに連れられて萩の町へ入る。
                    町の並びが素敵すぎる。

                    そしてまずは木戸孝允の生家へ。

                    RIMG1236.JPG

                    その後萩の街を自由に散策。
                    城下町っていいよね。宿場町も好き。
                    昔ながらの建物ってなんでこんなにも魅力的なんだろう。
                    RIMG1238.JPG
                    かわいいお店もあります。ジャムを売ってたり。
                    あとは骨董品、というか萩焼を扱ってるお店が多かったです。
                    萩はマーマレードも有名みたいで、缶詰のジャムを買って帰りました。

                    通りはこんな感じ。
                    RIMG1245.JPG
                    城下町感やばい。語彙がなくてうまく形容できないのが悲しい。

                    そして高杉さん宅。(時間の都合で入らず。。。)
                    RIMG1247.JPG

                    高杉晋作の像もありましたよ。
                    RIMG1249.JPG

                    色々見たいところはあれども、かなしきかな、ツアーなので
                    ある程度絞って見ないと時間がありませぬ。

                    ということでお寺へGO。
                    RIMG1251.JPG

                    円政寺です。
                    高杉晋作や伊藤博文が学んだというお寺。
                    RIMG1252.JPG
                    行くだけで頭良くなりそう。

                    お堂はこちら。
                    RIMG1253.JPG
                    中には大きな天狗の面が飾ってあります。

                    ここで頭良くなるようにお参りをしていたら時間が・・・
                    本当は近くにあるレトロな建物(藩校)、明倫館も見たかったのだけど
                    時間が許してくれず、がっくり。バスからチラっとしか見れませんでした。
                    また行きたいなー。


                    そして萩を跡にして、向かうは長門。
                    長門はかまぼこが有名ということでかまぼこを試食しまくり買いまくり…
                    本当においしかったのでまた取り寄せたい。
                    しかし名前を忘れてしまったのが痛い…。

                    買い物を楽しんだあとは、青海島をクルーズ!
                    島が日本海の荒波に浸食されてて、すごい圧巻でした。

                    こんな感じ!
                    RIMG1276.JPG
                    残念ながら当日は雨が降っていて海が荒れていたので、
                    近づくくらいしかできなかったけれど、
                    天気と波が穏やかな場合は洞窟に入ったりくぐったりできるとな!

                    荒々しい岩肌も素敵ささることながら、
                    海もきれいだったんですよ、ここ。伝わるかなー。
                    RIMG1284.JPG
                    ダイビングもできるらしいです。いいなあー。


                    そんなこんなでクルージングを終了し、
                    近くにあるかまぼこ屋さんでかまぼこを大量購入しつつ、
                    1日目は萩近くで宿泊。
                    かまぼこは有名らしく、ほんとうに、本当においしかったです。
                    取り寄せたい…。いいお値段してましたけど。


                    そして2日目。秋吉台方面へ出発〜。
                    2日目はゆったりとした日程ですすみます。

                    秋吉台はカルスト台地で、山の中にところどころ石灰岩が見える、
                    なんかゲームとか映画に出てきそうなときめく場所です。
                    RIMG1293.JPG
                    この写真じゃ、、、よく分からないと思うけど、、、

                    石灰岩は、晴れて乾いていれば白く、
                    雨に濡れると灰色になるとのことで、
                    この日は雨が降っていたため、みごとに灰色に、、、
                    白い石灰岩がところどころ覗く秋吉台が見たかった><
                    RIMG1305.JPG
                    こんな感じでした。

                    ツアーじゃなければ、秋吉台芸術村まで足を伸ばしたかったけど、
                    それも叶わず。むむ。
                    次回は晴れた日にカルストウォークをして、
                    芸術村を観に行くぞー…!

                    そして秋吉台を見た後は、秋芳洞へ移動です!
                    鍾乳洞ってものごころついた頃から行ったことなかったのでドキドキ。

                    ちょっと分かりづらいですけど、さすが規模の大きな鍾乳洞。
                    たくさんの鍾乳石でいっぱい。ときめく。
                    IMG_1420.JPG

                    これは黄金柱。
                    下から天井まで大きく伸びているんです。
                    あ、逆か。天井から下まで、ですね。
                    IMG_1423.jpg

                    圧巻!
                    IMG_1424.jpg

                    そしてわたしが最もときめいた、百枚田。
                    棚田を彷彿とさせるようなこの階段状具合。
                    IMG_1430.JPG
                    体育座りでもしてぼーっと見ていたい気分でした。

                    そして出口もうつくしい!
                    RIMG1337.JPG
                    あ、出口と書きましたが、こちらから入ることもできます。
                    そしてこの出口から先、森になってるんですが、
                    奥入瀬みたいな雰囲気なんです〜。
                    小川が流れてて、癒しの空間。


                    さて、秋芳洞で癒された後は、
                    山口の国宝五重塔、瑠璃光寺へ向かいます。

                    ドーンと、こちらも圧巻。
                    京都の東寺や奈良の法隆寺に負けない、渋い魅力があります。
                    RIMG1340.JPG

                    本当はもっと美しいので、ぜひこちらのサイトを見て下さい…。
                    ここのいいところは、なんといっても観覧が無料!なところでしょうか。(平民)
                    国宝を無料で拝めるなんて、そうそうないですもんね。素晴らしい。

                    この瑠璃光寺の五重塔は、元々香積寺の境内に建てられたもので、
                    香積寺が解体させられる際に、「五重塔だけは!」と地元の住民の懇願もあり、解体を免れたそうな。
                    そしてその香積寺の跡地に瑠璃光寺が移ってきた、ということらしい。不思議。


                    そしてそのまま寺へ。
                    RIMG1342.JPG
                    …特筆することはなかったのですが、良い感じでした。
                    (ほんとかよ…)

                    そしてお寺を堪能したあとは各自お宿へ。
                    お宿は湯田温泉のところにありました。
                    近くには中原中也の記念館もあったので寄りたかったのだけど、
                    あいにく時間が合わず訪れることはできませんでした…


                    こうやって振り返ってみるとところどころいきたいのにいけなかったところが多いなあ。
                    ツアーなのでしかたない。次の楽しみにとっておかなきゃね!


                    そんなこんなで2日めまで終了。
                    残り1日は…次の記事で書きます。
                    覚えてるかなわたし………
                    英語の勉強
                    0
                      最近英語の勉強をしている。
                      理由は前回で書いた通り、海外の人に日本を紹介できるようになりたいから。
                      もっとシンプルに言えば、
                      多くの人とコミュニケーションを取りたいという気持ちがあるから。

                      で、色々と参考にしながら手を出していたら、
                      やるべきもの/効果がありそうなもの/いずれやりたいもの等が出て来たので、
                      備忘録のために残しておく。
                      ※ただこれはTOEICで高得点を取るためのものではないので、
                      それ目的ではあまり役に立たないかもしれないけど、
                      多少は意味がある、、、と思う。(リーディングには意味がないだろうけど)



                      現在利用しているサービス・勉強法はこちら。

                      ・オンライン英会話レッスン
                      ⇒E-friendというところを利用しています。
                       カランメソッド対応で、1日2コマ予約が安かったから。(11月から料金改定だそうですが…)
                       カランは、英語を英語として捉えて受け答えができるようになるためのレッスン。
                       正直、カランのレッスンの質はQQENGLISHに劣るけど、背に腹は代えられぬ。
                       あとはいい先生に巡り会えればちゃんと身に付くので、地道に続けています。
                       今ちょうど100レッスンくらい受け終えたところですが、最初の頃よりは
                       リスニングや受け答えができるようになったかな…。
                       今成長が踊り場状態なのでちょっと悩んでるけど、コツコツがんばる。

                      iKnow
                      ⇒語彙力アップ用に。大学時代に利用していたCALL英語と同じような形式なのと、
                       反復トレーニングが魅力的なので利用中。ひと月500円くらいだと思えば安いものかな…。
                       ただ、1トレーニング(最大20単語習得)で15分ほどかかるので、
                       一気に語彙を習得したい場合には不向きかも。そういうときは後述のDUOなんかで
                       補うとよいかなーと思ってる。

                      lang-8
                      ⇒無料で自分の英文を添削してもらえるサービス。
                       世界各国の人が色んな言語を勉強しているので、
                       英語を勉強したい人には英語のネイティブが添削を、
                       日本語を勉強したい人には日本語のネイティブが添削を…と、
                       需要と供給がうまくバランス取れてて良い。
                       英文を書くために辞書を引いて学べるし、間違った使い方や文法があれば
                       指摘してもらえるし、とっても役に立ってます。
                       ただ英語を書くのに慣れていないうちは時間がかかるので、
                       そこがちょっとハードルが高いかも。
                       そんなときは少しの英文だけでも書いてみることが重要。

                      フォニックス発音トレーニング
                      ⇒これ、出会ったときちょっと感動しました。
                       ロゼッタストーンのように自分の声録音して
                       ネイティブとどう違うのか比較できるのがベストだけど、地味に高いから手を出せない。
                       これは音声CDと発音のコツが書いてあるだけだけど、
                       けっこう的を射ている感じがする。
                       この発音になるよう気を付けていると、オンライン英会話の先生から
                       チェックされる回数が減ったような気が…してます。

                      瞬間英作文
                      ⇒オンライン英会話でフリートークをしてると、よく陥る、
                       「なんで書けるのにしゃべれないんだろう?」
                       「なんですらすら英語が出てこないんだろう?」への対策。
                       若干カランメソッドと矛盾するんだけど、
                       日本語を見て、それを瞬間的に英語に訳す、という練習本。

                      音読パッケージ
                      ⇒英文を声に出して読む本。
                       読みながら理解する(英語を英語のまま理解する)ために使います。
                       あとは発音練習も兼ねて。
                       カランと重複してるっちゃしてるけど、
                       英会話だけでなく自習も必要だと思ったので利用。
                       ただまだ利用頻度が少ない…

                      ・英英辞書(マクミラン、OXFORD student's)
                      ⇒知らない英単語と出会ったりしたときに。
                       急いでるとwebで検索してしまうけど、通常は英英辞書を利用します。
                       大学のときの英語の先生(プロの通訳・翻訳家だった)が、
                       英英辞書の利用を強く薦めていたことを思い出して、
                       大学時代の辞書を引っ張りだして利用中。
                       時間はかかるけど、派生語や関連語も覚えられるし、
                       何より英語を英語で説明できるようになれることが大きなポイント。
                       「What's the meaning of ○○?」と聞かれることが
                       英会話では多々発生しており、そのたびに困っていたのだけど、
                       少しずつ慣れて来た感じがします。
                       例えば。
                       「guiltyの意味は?」なんて聞かれても「guiltyはguiltyだよ!」と困っていたけど
                       同意語などを知っていればfeel sorryとかregretfulとか言えるの。
                       語彙不足のわたしにはこれはとても重要。



                      持っているけどまだあまり活用できていないものはこちら。

                      ・DUO
                      ⇒語彙を高める用。高校のとき愛用してたので復習もかねて。
                       でもiKnowの方が活用率が高いのでハンドブック的に。
                       他の本(ターゲットとか)と比べて良い点は例文が面白くて
                       覚えやすいこと。あとは派生語なども一緒に覚えられること。
                       高校生でこれ覚えてたら大学受験ではかなり十分なレベルでした。

                      ・TOEIC reading練習
                      ⇒TOEICで高得点を取ることが直近の目標ではないので、後回しに。
                       ただ多読で英語に慣れるためには必要だなーとも思ってる。
                       でもこれ以上同時進行は無理。まずは英会話から。

                      あとはちょっと気になっているサービス。
                      英会話カフェ。
                      http://www.myenglishroom.jp/
                      名古屋の栄にあるので、仕事帰りにふらっと立ち寄れそう。
                      ただどんな雰囲気か分からないのでもうちょっと様子見ようかな…


                      こうやって書いて見返してみると、使っているサービスは多いので、
                      正直どれかが抜け落ちちゃったりもするのだけど、
                      何らかの実地訓練と語彙力アップは必ずやる、というのが自分で決めてるルール。

                      今はほんとにまだまだなんだけど、
                      あと半年くらいしたら、もう少しスムーズに色々な話が
                      できるようになっていると良いな…と思いつつ地道にがんばります。
                      千里の道も一歩から…!
                      かんがえてること
                      0
                        休職3ヶ月間を頂いてる間に、いろいろかんがえました。
                        どうしてこうなったのか、これからどうしようか。
                        過去を振り返ることは最初のうちは多かったけれど、
                        それを悔いていてもなにもならないので、
                        次第に「どう生きていくか」を考えることが多くなりました。


                        元々「仕事第一」ではなかった私。
                        それでも任された仕事は好きで、やり遂げたい気持ちがあったので、
                        「仕事寄り」に生きているなあという実感はありました。
                        (とはいえ、趣味の時間を作ったり、自分で帰る時間を決めてコントロールしたりと
                         他のメンバーと比べると自由な時間は多かったかもしれませんが
                         ここで他の人と比べるのはナンセンスなので触れません。あ、触れてるか。笑)

                        「仕事第一」でなかった理由はひとつで、
                        それをこれからの人生ずっと携わっていくことが想像できなかったからです。
                        結婚して、子どもを産んで…その傍ら、同じ仕事をしていくことが考えられませんでした。
                        それって「当たり前」だと思ってたんです。
                        なかなかハードな職場だったので、
                        家庭を持っても同じように働けるわけないし、余裕が欲しいと思っていたから。

                        でもよく考えると、それが理由でなかったように思えます。
                        「今の仕事で余裕ができれば続けるの?」と聞かれたら、
                        答えは「ノー」だから。


                        では私はどうやって生きていきたいのか。
                        そのヒントは「趣味」と「病気」にありました。
                        そこから得られた答えは今のところ相容れないので、
                        結論どうしたいかはまだもう少し先に出そうですが。


                        一つは趣味である旅行(国内旅行)。
                        大好きな日本を色んな人、特に海外の人に紹介できるように
                        旅行業をやりたいと思っていました。
                        旅行代理店に就職するとか、地方の観光局に勤めるとか、
                        方法は色々あると思いますが、まずは旅行の紹介ができるように、
                        英語の勉強と、旅行業管理者の勉強をしていました。
                        (旅行業管理者試験は今年度は受けられず仕舞いでしたが…)

                        もう一つは、メンタルケア。
                        アロマテラピーやお花、音楽など。
                        パニック障害にかかった際に、運動や薬を続けながら、
                        こういったものにも救われました。
                        アロマやお花自体は元々好きでしたが、
                        病気をきっかけに改めて好きになりました。
                        これによって治ったとは思いませんが、
                        気持ちが楽になったのは確かだったので。
                        自分のために、同じようなことで悩む人のために、
                        そうではないけれど、気分を軽くしたいと思っている人に、
                        こういったことを広められる存在になりたいと思いました。


                        うん、なかなか相容れないですね。この二つは…
                        組み合わせられなくもないですが。


                        今の仕事も大事ですが、(この仕事がないと生きられないので)
                        いつかこの夢を叶えられるように。
                        まずはコツコツ勉強して、仕事にできるような資格を取るなり、
                        前に進んでいこうと思います。

                        まだちょっと病気のことも気にはなっていますが、
                        慣れ的なものもあると思っているので、不安な自分に負けずにいきたいです。
                        とはいえ無理はしないように楽しんでがんばります。
                        「やめたくなったらやめちゃえ!」の、昔の上司の一言を前向きに捉えて。
                        要は「Take it easy」ですね。
                        克己!
                        Web Analytics