雑食に、イロイロなものを。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    英語の勉強
    0
      最近英語の勉強をしている。
      理由は前回で書いた通り、海外の人に日本を紹介できるようになりたいから。
      もっとシンプルに言えば、
      多くの人とコミュニケーションを取りたいという気持ちがあるから。

      で、色々と参考にしながら手を出していたら、
      やるべきもの/効果がありそうなもの/いずれやりたいもの等が出て来たので、
      備忘録のために残しておく。
      ※ただこれはTOEICで高得点を取るためのものではないので、
      それ目的ではあまり役に立たないかもしれないけど、
      多少は意味がある、、、と思う。(リーディングには意味がないだろうけど)



      現在利用しているサービス・勉強法はこちら。

      ・オンライン英会話レッスン
      ⇒E-friendというところを利用しています。
       カランメソッド対応で、1日2コマ予約が安かったから。(11月から料金改定だそうですが…)
       カランは、英語を英語として捉えて受け答えができるようになるためのレッスン。
       正直、カランのレッスンの質はQQENGLISHに劣るけど、背に腹は代えられぬ。
       あとはいい先生に巡り会えればちゃんと身に付くので、地道に続けています。
       今ちょうど100レッスンくらい受け終えたところですが、最初の頃よりは
       リスニングや受け答えができるようになったかな…。
       今成長が踊り場状態なのでちょっと悩んでるけど、コツコツがんばる。

      iKnow
      ⇒語彙力アップ用に。大学時代に利用していたCALL英語と同じような形式なのと、
       反復トレーニングが魅力的なので利用中。ひと月500円くらいだと思えば安いものかな…。
       ただ、1トレーニング(最大20単語習得)で15分ほどかかるので、
       一気に語彙を習得したい場合には不向きかも。そういうときは後述のDUOなんかで
       補うとよいかなーと思ってる。

      lang-8
      ⇒無料で自分の英文を添削してもらえるサービス。
       世界各国の人が色んな言語を勉強しているので、
       英語を勉強したい人には英語のネイティブが添削を、
       日本語を勉強したい人には日本語のネイティブが添削を…と、
       需要と供給がうまくバランス取れてて良い。
       英文を書くために辞書を引いて学べるし、間違った使い方や文法があれば
       指摘してもらえるし、とっても役に立ってます。
       ただ英語を書くのに慣れていないうちは時間がかかるので、
       そこがちょっとハードルが高いかも。
       そんなときは少しの英文だけでも書いてみることが重要。

      フォニックス発音トレーニング
      ⇒これ、出会ったときちょっと感動しました。
       ロゼッタストーンのように自分の声録音して
       ネイティブとどう違うのか比較できるのがベストだけど、地味に高いから手を出せない。
       これは音声CDと発音のコツが書いてあるだけだけど、
       けっこう的を射ている感じがする。
       この発音になるよう気を付けていると、オンライン英会話の先生から
       チェックされる回数が減ったような気が…してます。

      瞬間英作文
      ⇒オンライン英会話でフリートークをしてると、よく陥る、
       「なんで書けるのにしゃべれないんだろう?」
       「なんですらすら英語が出てこないんだろう?」への対策。
       若干カランメソッドと矛盾するんだけど、
       日本語を見て、それを瞬間的に英語に訳す、という練習本。

      音読パッケージ
      ⇒英文を声に出して読む本。
       読みながら理解する(英語を英語のまま理解する)ために使います。
       あとは発音練習も兼ねて。
       カランと重複してるっちゃしてるけど、
       英会話だけでなく自習も必要だと思ったので利用。
       ただまだ利用頻度が少ない…

      ・英英辞書(マクミラン、OXFORD student's)
      ⇒知らない英単語と出会ったりしたときに。
       急いでるとwebで検索してしまうけど、通常は英英辞書を利用します。
       大学のときの英語の先生(プロの通訳・翻訳家だった)が、
       英英辞書の利用を強く薦めていたことを思い出して、
       大学時代の辞書を引っ張りだして利用中。
       時間はかかるけど、派生語や関連語も覚えられるし、
       何より英語を英語で説明できるようになれることが大きなポイント。
       「What's the meaning of ○○?」と聞かれることが
       英会話では多々発生しており、そのたびに困っていたのだけど、
       少しずつ慣れて来た感じがします。
       例えば。
       「guiltyの意味は?」なんて聞かれても「guiltyはguiltyだよ!」と困っていたけど
       同意語などを知っていればfeel sorryとかregretfulとか言えるの。
       語彙不足のわたしにはこれはとても重要。



      持っているけどまだあまり活用できていないものはこちら。

      ・DUO
      ⇒語彙を高める用。高校のとき愛用してたので復習もかねて。
       でもiKnowの方が活用率が高いのでハンドブック的に。
       他の本(ターゲットとか)と比べて良い点は例文が面白くて
       覚えやすいこと。あとは派生語なども一緒に覚えられること。
       高校生でこれ覚えてたら大学受験ではかなり十分なレベルでした。

      ・TOEIC reading練習
      ⇒TOEICで高得点を取ることが直近の目標ではないので、後回しに。
       ただ多読で英語に慣れるためには必要だなーとも思ってる。
       でもこれ以上同時進行は無理。まずは英会話から。

      あとはちょっと気になっているサービス。
      英会話カフェ。
      http://www.myenglishroom.jp/
      名古屋の栄にあるので、仕事帰りにふらっと立ち寄れそう。
      ただどんな雰囲気か分からないのでもうちょっと様子見ようかな…


      こうやって書いて見返してみると、使っているサービスは多いので、
      正直どれかが抜け落ちちゃったりもするのだけど、
      何らかの実地訓練と語彙力アップは必ずやる、というのが自分で決めてるルール。

      今はほんとにまだまだなんだけど、
      あと半年くらいしたら、もう少しスムーズに色々な話が
      できるようになっていると良いな…と思いつつ地道にがんばります。
      千里の道も一歩から…!
      森、道、市場
      0
        さて、9月の中旬頃、
        愛知県は三ケ根山で行われた、
        森、道、市場というイベントへ行ってきました。


        このイベント、結果から言うと、
        非常に残念で、公式ブログに多数の意見が寄せられたものでした。
        道が大混雑して、中に入れなかった方が出たこと。
        前売りの方のみ駐車可にも関わらず、前売りの方すらも
        早い時間でないと駐車出来なかったこと。
        そういったことなどが原因です。

        わたしたちは早めに出たものの、駐車までに1時間。
        駐車出来て中に入れたから良かったですが、
        そうでない方もたくさんいましたし、
        現にご一緒した方の1人は、遠くに車を止めて、
        歩いてはるばる訪れたりもしていました。

        ボランティアの方が謝る姿を見ていると
        とても悲しい気持ちになりましたが…
        来年も執り行うのであれば、ぜひよいものにしてほしいです。
        告知方法と前売りの量、アクセス方法(専用バス・徒歩のみなど)を
        改善するなど、色々やり方はあると思います。
        (なら自分がやってみようよ、みたいな話もありますが、一意見として。)



        さて、そんな森、道、市場ですが、
        どんなものかというと、
        今や寂れてしまった三ケ根山の森の中で、
        愛知を中心に全国のシャレオツなお店が出店したり、
        ライブイベントをするイベント。

        出店しているお店、ほんとにどれも素敵で、
        大好きなお店もいくつか出店してましたし、
        愛知県全然捨てたもんじゃないと思いました!
        改めて店舗に行きたい。


        入り口の階段のところ。
        森っぽい!(森です)




        野外ライブ会場と出店群。

        一見すると「え?」ってとこでも出店。


        屋内のライブ会場。
        この施設、廃墟と化していたんですが
        元々なんだかよくわかりません。。。

        民族音楽などに詳しい友人いわく、
        割と有名な方がいらっしゃってたようで。
        聞き逃しましたが、よく呼べたな〜。すごい。聞きたかった!


        ちなみにこの日、降ったりやんだりで荒れてたんですが、
        晴れた瞬間は、三河湾を臨んでこんなにキレイでした!


        出店で見つけたガラス瓶内の植物たち。

        たしか、金山?でお店をやっているそうな。
        非常に欲しかったのですが、お財布と相談してやめました・・・。
        余裕があるときにまた見に行きます。


        いろいろとトラブルに見舞われてはいたのですが、
        会場に入れた限りは出店も賑わっていて、楽しかったです。
        会場となった場所は、以前はリゾート地として栄えていたそうで、
        なぜかジンギスカン小屋があったり、ライブ会場となってたような
        宴会場?もあったり、ロープウェーまであったそうですが、
        今やロープウェーも(多分)なく、人出もなく廃墟化しているそうです。
        こういったイベントによって、一時的にでも再興され、
        その周囲の地域も賑わうのであれば、最高ですね。
        (今回は周囲には迷惑なだけであったようですので…。)

        また次回があるのでしたら、期待したいと思います!

        フェルメールがやってきた@豊田市美術館
        0
          ええと、、、
          また更新遅れておりますが、
          2週間ほど前に豊田市美術館にいってきました。

          http://www.museum.toyota.aichi.jp/
          (気がついたらサイトもステキになってた!)

          久々に行きましたが、、、
          相変わらず素敵!





          ちょうど開館時間10時くらいに行ったのですが、
          すでに結構な人出。

          「フェルメール」なだけあって、
          割と年配の方が多かったですが、
          若い子たちもちらほら。

          地理学者が展示されてるスペースでは
          多くの人だかりが。
          わたしそんなに絵のことは分かりませんが、
          色合いがすごく鮮やかできれいで、ひと際目立ってました。
          窓から差し込む光の感じとか、美しすぎる・・・

          フェルメール、というと、
          「真珠の耳飾りの少女」が一番有名かなと思うのですが、
          (つい青いターバンの絵と言ってしまう・・・)
          地理学者も素敵ですね。。。

          これが江戸時代前期に書かれたものとは思えないぜ・・・!


          さて、フェルメール展を見終わった後は、
          松井紫朗の「亀がアキレスに言ったこと」展を。


          ※画像は豊田市美術館webサイトより拝借


          作品の中に入れる、ということで、
          予約を取って、大きなバルーンの中に入ってきました。

          バルーン内部へは、展示物の糸電話様の筒とつながっていて、
          しゃべるとその音が内部へ伝わるようになってました。

          が、展示を後に見たので、当初その仕組みに気がつかず。
          母と来てたのですが、「どちらかが展示の方行ってればよかったねー」
          って。
          ぜひ今から行く方は二手に分かれることをおすすめします。
          たぶん、しゃべる側が少しだけ恥ずかしいw。




          ふー、青空と白い雲が似合うねっ!



          見終わった後は、おいしそうな蕎麦やさんが
          豊田にある、ということで行ってみましたが、
          混んでて駐車ができず、一度あきらめる。


          そして後日、1週間後に食べにきました。w
          そば処 なつ井


          のどごしよくて夏にぴったり〜♪
          ランチでは桜えびのかき揚げ丼みたいなものもあったのですが、
          それもまた風味豊かでおいしかったです!
          また食べに来たい〜。

          これからは豊田市美術館⇒おそば、のコンボが増えそうです。


          次は岡崎のお蕎麦屋さん狙うかなー。
          あじさい寺に行ってきた
          0

            愛知のあじさい寺、本光寺に行ってきました。


            6/11に行ってきたので、あじさいの最盛期では
            なかったですが、きれいでしたよ〜^^

            今が丁度見頃かな?
            いや、、終わったかな・・・・。
            またまたアップが遅くなっている・・・。


            では今回は言葉少なめで、ちゃっちゃとアップします。

            門までの道。

            咲き始めだったけど、
            最盛期だったら紫陽花に囲まれてほんときれいです。


            門はいったらすぐ、白い黄色いあじさいが♪



            本堂です。


            忠利公を祀ったお堂。


            色とりどりのあじさい〜。



            松平家の菩提寺ということで、
            縁のある方々のお墓が。


            ここだけ無機質で、異質な雰囲気でした。



            最後に、ガクアジサイを。



            かわいくてきれいです。

            ちなみに、他にも椿が有名なので、
            椿の季節に来るのもオツですね。


            私の地元から車で30分くらいでいけますので
            三河地方の方はおすすめです!
            っていっても地元民なら知ってるかな。。。わはは
            池田遙邨展に行ってきた
            0
              碧南市にある、藤井達吉現代美術館にて、
              池田遙邨展がやっていたので観に行くことに。


              美術館は以前にも当ブログで紹介しましたが、
              こんな感じ。



              あう、、ゴーストが映りこんでしまった、、、


              池田遙邨さんは、自然と旅を愛した画家さんで、
              全国を旅して回った方。
              浪漫あふれる感じですね。

              初期の作品には、東海道五十三次があったり。
              (京都から東京まで徒歩で向かったそうです!すごい。)

              後期の作品はメルヘンなものもあったり。
              とにかく、色彩感覚が素敵で、惹きつけられる。


              晩年は、
              種田山頭火に傾倒して、作品を生み出していました。


              で、そのポストカード群はこちら。
              (色合いが白熱灯の色が映りこんでおりますため少し違いますが、、、)


              行きくれてなんとここらの水のうまさは


              分け入っても分け入っても青い山


              家を持たない秋がふかうなった



              ほんとに色合いが素敵なんです。
              また見たいなあ。。。




              ちなみに、


              この美術館の近くに、
              ココノエ味淋の会社が近くにあります。
              昔ながらのおうち、という感じ。
              お寺さんもちょくちょくあって、軽く散歩するにはいい場所です。

              名古屋港水族館に行ってきた・2
              0
                さて、1の続きです。


                イソギンチャクコーナーでほくほくした後、
                向かったのは、、、


                そう、ペンギンコーナー♡

                イソギンチャクよりもペンギンの方が、
                多分好きなんですね。
                ついつい窓ガラスベタ張りで見てしまいました。


                これペンギンベストショット!
                真っ正面から撮れた!かわいい!!


                こうやって何考えてるのか分からないけど
                ぼーっとしてるペンギンも好き。


                その後またあまりにもテンションが上がる私を見て、
                「・・・ペンギンとの思い出撮ってあげるよ」
                と、ペンギンの模型コーナーで記念写真を撮られる始末。
                あれは記念じゃなくて何かの罰ゲームだ。
                道行く人もかわいそうな目で見てた。


                ペンギンコーナー堪能後、
                実はまたイソギンチャクコーナーがあったのですが、
                そこで運命のイソギンチャクと出会いました。

                イソギンチャク、というか、カニ。
                カニのハサミのところに、イソギンチャクを持って、
                敵が来るとイソギンチャクを振り回すカニがいたのです。
                その名も「キンチャクガニ」。

                イソギンチャクを振り回す!?なにそれ!
                チアガールみたいじゃん!とテンションが上がり、
                振り回さないかと水槽でにらめっこしていましたが、
                その夢も叶わず。
                いつかキンチャクガニの威嚇をこの目で見ること、
                が、私の夢リストに加わった瞬間でした。

                最後のお土産コーナーでは、
                ガチャガチャにはまってしまい、
                クマノミ(イソギンチャク)が出るまでやる!
                と、友人が頑張ってくれました。
                ありがとう、友よ。(メロス風に)

                コンプリートはしなかったけど、素敵なやつらが集まりましたよ!
                たくさんお金を使わせてしまって申し訳ない、、、、、、




                一通り水族館もみてお腹いっぱい、、、
                ではなく、北極観測船ふじも見よう!ということで、
                やってまいりました。


                ででーん。

                名古屋港水族館のところに展示されてるのです。
                北極を観測に行った船が。

                中に入ると、こんな感じ。


                最初みんな、「うわっ!」とか「あ〜」とか言って、
                蝋人形にびっくり。
                普通の人っぽい。
                これ夜中に肝試しにつかったら怖い。
                これ食堂のイメージ図。

                これ床屋。

                長い旅なので、床屋さんもあるのね。
                手術室みたいなところもありました。

                これが上の人の部屋の風景。

                割と楽しそう。

                でも下の人たちは、ニ段ベッドというより、
                二段担架で寝泊まり。その数50人ほど。
                優雅な旅、なんかじゃなくて、大変だったのだろうなあと思います。
                ずっと船に閉じこもりだもんね。
                船旅好きだけど、ちょっと想像つかない。


                最後に

                ふじの「くず入れ」がなんかかわいかったのと
                ペンギンが出ていたので撮ってみました。
                かわゆい。



                名古屋港水族館には、このふじの他にも
                展望台があったりと、割と長居して楽しめます。
                今回も、11時〜16時半ぎりぎりまで遊んでました。

                愛知の水族館といえば、南知多ビーチランド!!
                だったのだけど、やっぱりスケール違いますね。
                ペンギンとのふれあいとか、イルカとの近さで言うと、
                南知多の方が好きだけど、
                数や種類、スケールを考えるとやっぱり名古屋港ですね。
                名古屋港水族館に行ってきた・1
                0
                  ようやく4月の出来事です。
                  だんだんリアルの暦に近づいて参りました。
                  少し長くなりそうなのでまた2回に分けて書いてみます。


                  4/23に、友人たちと名古屋港水族館に行ってきました。
                  元々は、南知多ビーチランドやらグリーンバレーやら
                  行こうと思っていたのですが、雨だったので、
                  近場の水族館にしよう!ということに。


                  そしてやってまいりました。
                  実は名古屋港水族館、、、初めて。

                  入ってすぐ、大きな水槽にはイルカたちが!
                  ムフフ〜。
                  大の大人4人でちょっと浮かれておりました。
                  (私だけ??)



                  アザラシもいましたよ〜。
                  まんまるで、かわいい。




                  イルカはお腹を上に向けて泳ぎまくっていて、
                  なにか悪いところでもあるのかしら〜と心配に。
                  習性なのかしら。

                  そしてシロイルカも。

                  かわゆい。われながらベストショット。


                  そんな中、潮をぷしゅーっと吹きあげる子も。

                  人が多いところに近づいてきてはぷしゅー。
                  かわいい。


                  そして待望のイルカショー♪♪♪

                  会場も大きいけど、スクリーンも大きくて、見やすい♡

                  アクロバティックな技を次々と披露してくれました。
                  ※最近ブログに動画がアップできなくなったので
                   お見せできないのが残念・・・・


                  そして、こんなショーもありました。

                  「イワシのトルネード」

                  どんなもんじゃい!?
                  と思ったけど、こんなもんでした。

                  餌につられてイワシの大群が動いて、、、


                  トルネード状に!

                  最初はわーーーと喜んでいたのですが、
                  だんだんと、同じ水槽に泳いでいるカツオやサメやらの動きが気になり始めて。
                  群れから離れたイワシを狙って、好戦的なカツオが
                  どんどん食べに行くんですね。
                  ちびっこたちもたくさん見ているのに、ドキドキ。
                  でも、、、不謹慎かもしれませんが、
                  捕食の様子が見れると思うとワクワク。

                  結局、私が見ていた範囲では、
                  捕食されることなく済んでおりました。

                  まあでも、普通に泳いでてよく食べられないなーと思ったけど、
                  大群でいたら、やっぱり大きな魚みたいに見えるのかな。


                  さて、その後、
                  カレイは華麗に砂に隠れてるのを見てウキウキしたり、
                  深海生物のホルマリン漬け標本を見てワクワクしながら、
                  色々なコーナーを巡り、、、


                  とうとうやってきました!
                  私が大好きなイソギンチャクです。

                  ほらー、よく見てー、シースルーなんですよ体♪

                  ふよふよしてる姿も好きだけど、
                  プランクトンを捕食している?姿も割と好きです。

                  イソギンチャクコーナーにはクマノミも一緒にいまして。
                  どや顔でイソギンチャクのベッドに横たわる姿には、
                  嫉妬を覚えました。

                  クマノミは外敵から守るために、
                  毒のあるイソギンチャクにわざと身を隠すそうですね。

                  尚、「イソギンチャクコーナーだ!!」とテンションを上げる私に、
                  「いや、クマノミコーナーだと思うよ、メイン違うよ」と
                  冷静なツッコミを下さった友人たちに深く感謝します。
                  確かに変な目で見られていた気がします。


                  そんなわけで、水族館も最後のコーナーへとさしかかります。
                  (2に続く)
                  3/13
                  0
                    3/11。
                    東日本大震災発生。

                    多くの尊い命が失われたこと、
                    そして、今も尚悲しく辛い思いをしている方が
                    たくさんいらっしゃること、
                    とても心が痛みます。
                    お悔やみと、お見舞いを申し上げます。


                    当日の私は、名古屋にいたため、
                    今まで感じたことのない目眩のような揺れのみで、
                    特に問題はありませんでした。
                    発生直後、インターネットの速報で震度7の文字を見て、
                    うそでしょ、としか思えませんでした。
                    仙台にいる同期や、隣県に住む友人、親戚。
                    色々な関わりのあるひとたちのことを思い出しては、
                    どうか無事で、そんなことを願うしかできませんでした。


                    幸い、同期も、友人も、親戚も、
                    無事が分かったため、私は安堵しましたが、
                    その「安堵する」ことさえも躊躇ってしまうような、あの出来事。
                    2ヶ月が過ぎようとしている今も、まだ、爪痕深く残っています。


                    そんな中で、私も、思いました。

                    私にできることはなんだろう。

                    看護士でもなんでもない。
                    下手に情報を流す訳にもいかない。
                    物資を大量に送るほどの手だても物もない。
                    結論は、お金、でした。

                    毎月、決まった額を募金する。
                    そして大好きな東北に、遊びに行く。
                    被災された方にとっては気休め程度のお金にしか
                    ならないかもしれないけど、
                    やらないと気が済まない、それだけです。


                    東北は、父が生まれ育った土地で、愛着があります。
                    私の大好きな、温泉も、ご飯も、自然も、神社仏閣も、
                    たくさん、あります。
                    かつて遊びに行った土地が、
                    まだまだ行けていない土地が、たくさんあります。
                    また気仙沼で鮪食べたいし、仙台で牛タン食べたいし、
                    行ったことがない松島へも、行きたい。

                    たくさんの幸せをくれた東北が、また元気になりますように。
                    少しのお金だけど、少しでも届くのなら。
                    自己満足で十分だと、思いました。





                    できる限り普通にすごそう、と思って
                    震災2日後に出かけた近所のデンパークです。


                    遠くであのような地震が起きたのが嘘だと思うくらい、
                    青空で。



                    数々の花が、美しく咲き誇っていました。



                    同じ日本でこれだけ元気な場所があるなら、
                    この元気の分、きっとまた東北も元気にできるはず。
                    今こそチームワーク、なんだと思いました。
                    辛いところに無理をさせないように、元気な私ができることを。


                    続けられることを、できる限り、やります。
                    友達の結婚式♪2
                    0
                      さて、友達の結婚式1に引き続いて、
                      高校の友達の結婚式のお話。

                      こちらのご夫婦も、
                      大学の研究室からのお付き合い。

                      そして、、、和婚です♪

                      朝早くから、家で白無垢の披露、
                      お菓子を配る、、、など、
                      昔ながらの結婚。すてきすぎました。。。


                      そして式。


                      厳かな感じ。
                      ちょっと緊張してたようですが、
                      どうやら頭が重かったらしいw


                      神社での挙式終了後、、、
                      披露宴の場所はなんと徳川園。



                      わたし、、、知らなかったのですが、
                      愛知で和風の結婚式場、というと、
                      ダントツで徳川園が人気があって素敵だと。

                      うわさ通り、門の時点でステキでした。

                      そして披露宴を待つ間、庭を見る。。。



                      庭・・・。

                      ステキすぎました。

                      披露宴会場前には、ウェルカムベアー!
                      これは高校の友人たちとでパーツごとに作って、
                      組み合わせたものなのです。
                      仲良しの友達の結婚式でこうやって何かできるのはうれしいな。



                      披露宴では、ババーン!と開いた扉から
                      新郎新婦が出てくると思ったら「フェイク」で、
                      庭側から登場する、、、といったステキサプライズもあったり、
                      新婦の大好きな色といっていた
                      ターコイズブルーとオレンジがばっちりはいった着物なんて見たら、
                      なんだかじーんとしてきて友達と登場から泣き続けてたw


                      本当に綺麗でした。

                      他にも、親戚一同で鏡割りをしたり、
                      妻側がピアノが上手なので、
                      夫と一緒に連弾してピアノを披露してくれたり、
                      いろいろと新鮮かつ素敵な演出がありました。

                      たま、おめでとう♪♪


                      二次会では幹事もやらせてもらいましたが、
                      この二人人望があるので、150人くらいの
                      とんでもない規模の二次会に・・・!あわあわ

                      でもみんなが笑顔で、そして新郎新婦も笑顔で
                      過ごすことができたようで、ほっとしております。


                      ちなみに、私個人としては、、、
                      披露宴では高校の友人たちと歌うたって、
                      二次会では幹事やりつつAKBも踊る、
                      という出しゃばった結婚式でした。。。
                      友達の結婚式♪1
                      0
                        さて、こちらもだいぶ昔の2010年秋、
                        仲良しの友達2人が結婚しました♪

                        1人は、大学の同じ学科の友達。
                        もう1人は、高校の友達。

                        どちらも長く仲良くしてもらっているので
                        感慨深いものがありました。

                        というわけで、まずは大学の友達から。





                        大学のともだちのゆかこは、
                        東京にてナイトウェディング、ということで、
                        昼頃に東京に向けて出発。

                        せっかくなので、着物を着ようと思い、
                        会社の先輩に着せてもらい、出発!

                        まずは友達と渋谷で待ち合わせることにしたけど、
                        着物で渋谷は浮きすぎており、、、友達に
                        「銀座のホステスみたいな感じで、俺近く歩くのやなんだけど笑」
                        「いや、そんな高級感ないな!」
                        と毒づかれることに。ひどい。

                        とまあ、そんなこと言われながらも、
                        お台場の会場につきまして、他の友達とも再会!


                        いろいろと配慮した結果こんなピンぼけ画像。
                        右の銀座のホステス風が私です。

                        挙式は神前式。



                        式の後披露宴、ということで
                        受付の前には夫婦ゆかりの品が。

                        大きな指輪!w

                        この指輪風置物は、
                        プロポーズのときにほんとに用意されたもの。
                        夫の人柄と、妻の人柄が分かる一品です。w

                        プロポーズのためにとったホテルにて、
                        いざプロポーズ!というタイミングで
                        「わー、課長島耕作みたい!」(夜景を見ながら)
                        と妻が空気を読まずに言い出した、とか、
                        そして挙げ句の果てに仕事で疲れてたからそのまま寝た、とか、
                        プロポーズに至るまでも面白い逸話が残る、この二人。

                        大学の研究室からの付き合いで、
                        仲が良いのはずっと見ていたので、
                        きっとこれからも安心だわね。

                        さ、そんな披露宴の会場からは、、、お台場が一望できますよ〜。
                        ステキ!!


                        いい笑顔♡


                        みんなでの集合写真♪


                        そこかしこに、二人のやさしさが出ていた、
                        素敵な式と披露宴でした。


                        妻はとってもかわいくて料理も上手。
                        まあ、少々天然すぎるのが大変かもしれませんが、w
                        夫がしっかりものなので、きっといいバランスが取れるでしょう。


                        お幸せに♪
                        Web Analytics