雑食に、イロイロなものを。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2015
    0
      2014年の振り返りを書こうと思ってたら、まさかのPC壊れて振り返れず2015年を迎えました。
      わたしらしい。

      あけましておめでとうございます。


      2015年の目標を4つ。

      ・英語力上達。
      英会話習い、TOEIC800点を目標に。

      ・貯金!
      旅行と次のステージのために。金額はここでは書かない。

      ・旅行記録をデータベース化
      アナログになるかも、どのような形式かも考えてないが、自分の強みをきちんと形にする。

      ・相方と楽しく過ごす。
      ケンカはしてもいいけど、売り言葉に買い言葉にならない話し合いをしてもらえるよう、自分も気を付ける。
      ケンカしたなら最後は握手かハグで終わる、お互い納得する形を。


      少し趣向が変わってきました。
      少しずつ大人になっているのでしょうか。
      いい年なんで、そうでないと困りますね。


      初日なので決意表明までに。
      寝て起きたら計画立てます。

      最近の気付き
      0
        SNSからちょっと身を離して、ブログにて。
        楽しいんだけど、気になっちゃうから、少し自分のことに集中しようと思って。
        ほんとに必要な情報は自分で確認するし、直接連絡したいから、逆にシャットアウトして良かったかも?


        さて、最近は仕事に振り回される日々を過ごしています。
        楽しくもあり、プライベートとの両立がうまくできてなくて辛くもあり。
        今が頑張りどきなので駆け抜けたいけど、体力にも限界あります、年齢的に笑

        土日は外に出かけたり体動かしたり、ふらっと旅行に行きたいのに、
        それが満足できるほどできていないのが、
        今いちばん良くないことかも。
        そして疲れてそのモチベーションが削がれているのが問題…

        な、なんだか暗いことばかりになってきたぞ…!


        気を取り直して、最近の気付きを。


        ・素を出す。
        好かれたいと思う人には、ついいい人、しっかりした人ぶってしまうけど、
        「お前の魅力は素だ!」(ほんとかよ…)
        と散々言われまくったので、少しずつマイペース出していこうと思います。
        仕事の関係の方だと特にしっかりしてなきゃって思うけど、緩急はつけないと面白みないよね。
        人として魅力的だと思わせるように、
        って考えるのはいけないけど、
        素のままで好かれるのが1番いいから、素を出して行こうと思います。
        嫌われません様に!笑


        ・話せば大抵の人は好きになれる。
        ほんとに!
        正直苦手だなー、何考えてるかわかんないなー、って人でも、
        とにかく話しかけたり飲みに行ったりしてると、人となりや良いところが分かって、
        気付くと仲良くなってることが最近ある。

        昔は苦手な人には近付かないようにしてたけど、フィルターかかってたのよね。
        会社の同僚と仕事の考え方に相違があって、この人とは合わないなーって思ってたんだけど、ふとしたことで飲みに行ったらそんなことはなくなって。
        私も成長したということなのかな。

        あとは、心理学的に、対象のことを知れば知るほど嫌いになりにくくなる
        ということがあるそうで、まさにそれの応用かも。
        と、考えると、もっと人に自分のことを知ってもらうためにオープンになる必要もあるわね。
        最近会社では開けっぴろげにできるようになりましたが、
        プライベートもそうしたいと思います…


        ・縁は大事に。
        プライベートでも仕事でも、幸いなことにいい方に恵まれている。
        そんな人たちとは会えるチャンスがあれば積極的に会いに行く。
        こないだは遠方の元担当者さんが名古屋に来てたので、
        会えるかもと思い会場に行ったが不在だったという肩透かしを喰らいましたが…
        でもほんとに人との縁は大事にしたい。
        会いたい人に会うのが、楽しみや原動力につながる。


        ・体を動かす
        気分がパッとしないときほどそう。
        体は心とリンクしてるので、運動して高揚すれば、気持ちも上がる。
        休職中、気持ちが全く折れたりしなかったのは、毎日ランニングしてたからだと思います。
        疲弊して心が折れそうな今、ランニングやらヨガやら頑張ります…笑


        当たり前のことなんだけど、最近ハッとさせられることが多いので、
        この気持ちを忘れないようにメモ。
        変化点
        0
          少しずつ何かが変わっていくことを感じている。
          春だからかな?んなわけないか笑
          でも多少それもあるような…?

          10月に復職して早6ヶ月。
          新しい期を迎えて、新しい仕事にも取り組むようになった。
          ちょうどいい機会なので少し振り返ってみる。
          なんか恥ずかしいけど、記録として。



          復職直後の状態はむしろ体調絶好調、早く仕事したい!くらい。
          ただ仕事内容がガラリと変わったこともあって、
          正直戸惑いと悔しさがあった。
          悔しさのほうが大きいかな。前の仕事がとても好きだった。
          休職で迷惑かけた身だから、前の仕事やらせてほしいなんて言えなかった。いいたかったけど!笑

          新しい仕事は広告の運用?サポートで、わたしの苦手とする分野だったから
          けっこうプレッシャーやストレスもあった。

          しばらく快調に過ごしてたんだけど、
          11月末くらいからなんとなく体調悪くなって、吐き気が出るようになった。
          だれにも言えなくて、仕事休むほどでもなくて、そういう微妙な状態が休んでるときより辛かった。
          でもこれは復職後の自分の意地で、絶対に休まないで頑張るって決めてたから、
          吐き気ひどくても休むことはしなかった。とはいえ、辛かったなぁ。

          そんなときに上司に思い切って話してみたら、
          週一で仕事も体調もなんでも話せる時間を作ってくれた。
          これは本当にありがたかった。
          仕事で抱えてた色んな不安を話したり、それをきっかけにメンバーにも自分の気持ちを話せるようになって。
          1人で抱えてていいことない!って気付かせてもらえた。

          とはいえ、しばらく吐き気は続いた。
          でもこれは昨年もあって、何か強いストレスや緊張を感じるときになってたので、
          何に対してストレスを感じてるのかを探りながら生活してた。
          でもよくわからなかった笑
          ので、何かにストレス感じてるんだなーって認めた上で、
          特に考えすぎないように過ごした。

          そして3月に入ってから劇的に良くなった。
          理由は分からない笑
          でも考えすぎないこと、そしてストレスためずに楽しく過ごすことが良かったように思える。

          その後3月半ばに思い切って名古屋へ引越し。
          少し自由になりたかったのと、吐き気で電車乗れなくなることへの対策として。
          1人暮らしは3年か4年ぶりなので緊張したけど、
          1人で全部やる、という体を動かす生活があっていたのか、体調崩すことなくやっている。
          マイペースに生活できるし。
          まわりに友達や助けてくれる人がいるから、というのも重要!
          おかげで楽しく過ごせてるからね。

          あとは仕事を任されたり、大変だけどやりがいのあることがある、というのが良いみたい。
          少しのストレスはモチベーションになってハリも出る。

          そして気付いたんだよなぁ、わたし今の仕事も割と好きなんだって。
          だから任されたのがうれしくて、忙しさも楽しさになってて。


          振り返ると3月まではリハビリ、に近かったのかも。
          本人は10月一杯でリハビリ完了の気分だったけど笑、
          体調戻って仕事に意欲的になるまではやっぱりリハビリだった。
          そんな時間も重要でしたが。


          そして今、少しずつ自分の中で変わっていくものがあるのを感じてる。
          ちょうど今が変化点なんだと思う。
          まさか仕事がそのきっかけになるなんて思わなかったけど笑
          ま、仕事だけじゃありませんが…

          休職したことで、自分の体が一番大事という認識もついたし、自分の限界ラインも分かった。
          その上で、以前と同じように仕事に前向きに打ち込めるようになったのは、実はすごい変化なんじゃないかって。
          うまくバランス取れてる証拠だと思う。
          仕事だけでないいろいろなことにも意欲的になって。
          一人旅も前みたく楽しめるようになった。
          むしろ旅行きたすぎてやばい。笑

          復職後も、念のためということで通院してたんだけど、
          頻度も減らしてOKになった。
          お酒も解禁。笑
          漢方とかも飲む頻度勝手に減らして良くなった。
          やっぱり楽しみがあると回復力変わるね。
          夏までにモヒートごくごく飲めるくらい酒慣れします。

          とはいえ、過信や頑張りすぎは禁物。
          うまく自分でバランスとって、
          いろんな人に頼りながら、楽しんでいこうと思う。

          仕事もプライベートも、マイペースにがんばる!
          無題
          0
            夜の街を車で走りながら。
            信号待ちで同乗者と仕事の話をしていた。
            出張だとか、新しいプロジェクトだとか、
            色々大変そうな相手に、ふと尋ねた。

            「不安にならないの?」

            『うーん、でも、何を選んでも不安はなくならないよね』

            だから、考えても仕方ない、と。


            ハッ、とした。
            前を走る車のテールランプが、ふと柔らかくなったように感じた。
            気が付けばちょうど信号が青に変わったところ。
            柔らかく感じたのは、前の車の運転手がブレーキを踏む足を緩めたせいだろう。
            ただそれ以上に、私の中の何かが消えたことを感じていた。


            ”わたしは何をこんなに不安に思っていたのだろう?”
            ふと、自分のことを振り返っていた。


            正直、話を聞いた瞬間は、少し危ういとも感じた。
            いくら不安はなくならないと言ったって、仕方なくたって、
            がむしゃらに頑張って、自分を傷めつけてしまわないだろうかと。
            でもそれこそが杞憂なんだろう。
            だって、"不安があるのは当たり前"なんだから。
            その人は、それを”覚悟”しているのだから。


            一方、覚悟がない私は、
            「どうしよう」とばかり考えて、不安にとらわれていたんだ。
            だから色々なことに理由を付けて、少し、遠巻きにしていた。
            中途半端だったんだ。

            だから、ハッとした。
            当たり前のことに目を伏せていた自分に。



            私が色んなことに過度に不安を感じ始めたのはいつからだろう。
            深く考えなくても、おそらく休職してからだと気づく。
            確かに、あの時の経験は私に深く残っていて、
            怖かった記憶のひとつになっている。

            復職してからも、
            本当に私は役に立てるのだろうか、
            またあの症状が出ないだろうか、
            迷惑かけないだろうか、
            …と、色々不安になりながら、二の足を踏んでいた。
            とはいえ、必要なとき以外に会社を休むことはしなかったし、
            軽い症状が出たときも、ふさぎこまないで、
            無理矢理にでも出かけるようにした。


            ただ、わたしにできたのはそこまで。
            本当にわたしがやりたいことには本格的に手を出せなかった。
            「不安だったから」、それだけじゃない。
            それを理由に逃げていたんだと思う。

            できなくても仕方ない、
            自分の身体が第一優先だ、無理するな。
            そう思って、逃げてたんだ。
            やりきる覚悟が足りなかった。
            自分が感じている「不安」が大き過ぎて、
            それに立ち向かうことを半分あきらめていた。

            たしかに私はまだ不安や緊張を感じやすい状態にあるかもしれない。
            でも、多少なりとも、誰しも不安はあるもの。
            そして、大抵の人はそれに負けずに立ち向かっていること。
            そんな当たり前のことを忘れてしまっていた。

            私は私なりに、不安に立ち向かっていたのだとは思う。
            でも、いつしかそこには”甘え”ができていて、
            「今の私ならここまで頑張れたらいいや」って思っていた。

            医者から見たら、それは正しいのかもしれない。
            無理をして悪くなるようであれば当然良くない。
            でも今の私は…、やっぱり"甘え"だと思う。


            向かい合おう。
            何をしても出てくる不安と。
            そして、本当に自由に、自分のやりたいことをやろう。

            まずは仕事面でやりたいことをやっていこう。
            そして、いつかのための英語と旅行業の勉強を。
            そして大好きな1人旅にも。
            プライベートでも、緊張する場に飛び込んでみよう。

            だめだったら、そのときに考えればいい。
            相談できる相手はいくらでもいる。
            だめなときの選択肢も、きっとたくさんある。
            考えてても、仕方ない。
            必要なのは、飛び込む"覚悟"だ。




            当たり前のことに気付かせてくれてありがとう。
            本人はそんな風に思われてるだなんて、知らないだろうけど。
            本気でがんばってみるよ、私。
            かんがえてること
            0
              休職3ヶ月間を頂いてる間に、いろいろかんがえました。
              どうしてこうなったのか、これからどうしようか。
              過去を振り返ることは最初のうちは多かったけれど、
              それを悔いていてもなにもならないので、
              次第に「どう生きていくか」を考えることが多くなりました。


              元々「仕事第一」ではなかった私。
              それでも任された仕事は好きで、やり遂げたい気持ちがあったので、
              「仕事寄り」に生きているなあという実感はありました。
              (とはいえ、趣味の時間を作ったり、自分で帰る時間を決めてコントロールしたりと
               他のメンバーと比べると自由な時間は多かったかもしれませんが
               ここで他の人と比べるのはナンセンスなので触れません。あ、触れてるか。笑)

              「仕事第一」でなかった理由はひとつで、
              それをこれからの人生ずっと携わっていくことが想像できなかったからです。
              結婚して、子どもを産んで…その傍ら、同じ仕事をしていくことが考えられませんでした。
              それって「当たり前」だと思ってたんです。
              なかなかハードな職場だったので、
              家庭を持っても同じように働けるわけないし、余裕が欲しいと思っていたから。

              でもよく考えると、それが理由でなかったように思えます。
              「今の仕事で余裕ができれば続けるの?」と聞かれたら、
              答えは「ノー」だから。


              では私はどうやって生きていきたいのか。
              そのヒントは「趣味」と「病気」にありました。
              そこから得られた答えは今のところ相容れないので、
              結論どうしたいかはまだもう少し先に出そうですが。


              一つは趣味である旅行(国内旅行)。
              大好きな日本を色んな人、特に海外の人に紹介できるように
              旅行業をやりたいと思っていました。
              旅行代理店に就職するとか、地方の観光局に勤めるとか、
              方法は色々あると思いますが、まずは旅行の紹介ができるように、
              英語の勉強と、旅行業管理者の勉強をしていました。
              (旅行業管理者試験は今年度は受けられず仕舞いでしたが…)

              もう一つは、メンタルケア。
              アロマテラピーやお花、音楽など。
              パニック障害にかかった際に、運動や薬を続けながら、
              こういったものにも救われました。
              アロマやお花自体は元々好きでしたが、
              病気をきっかけに改めて好きになりました。
              これによって治ったとは思いませんが、
              気持ちが楽になったのは確かだったので。
              自分のために、同じようなことで悩む人のために、
              そうではないけれど、気分を軽くしたいと思っている人に、
              こういったことを広められる存在になりたいと思いました。


              うん、なかなか相容れないですね。この二つは…
              組み合わせられなくもないですが。


              今の仕事も大事ですが、(この仕事がないと生きられないので)
              いつかこの夢を叶えられるように。
              まずはコツコツ勉強して、仕事にできるような資格を取るなり、
              前に進んでいこうと思います。

              まだちょっと病気のことも気にはなっていますが、
              慣れ的なものもあると思っているので、不安な自分に負けずにいきたいです。
              とはいえ無理はしないように楽しんでがんばります。
              「やめたくなったらやめちゃえ!」の、昔の上司の一言を前向きに捉えて。
              要は「Take it easy」ですね。
              克己!
              最近のこと
              0
                しばらくぶりのブログ更新となります。

                更新がなかった理由はブログに写真をアップすることが面倒であったからです。
                その間、代わりにfacebookをメインに旅行など日々のことを更新していました。
                ブログを読んで頂いていた方にはもしかしたらご心配かけたかもですが
                元気にやってました。すみません。



                そんな中で、改めてブログを更新しようと思った理由として、
                現在の私の状況を記録しておきたかったのと、
                それを機に改めて前のようにブログ更新を再開しようと思ったためです。

                普段の私のことを知らない方にはなんのこっちゃ、でしょうが
                そういう場合は華麗にスルーして下さい。

                また、自己満足な長文のため、ご了承下さい。



                実は、7月頭より休職をしています。
                9月から復帰できるよう、リハビリというか、心の準備というか、…をしています。

                病名は、不安神経症、特にパニック障害と言われるものです。
                ※詳しくはwikiなどで調べて頂ければ載っているので説明は割愛します。

                元々、長く休養しようとは思っていませんでした。
                けれども、発症してからしばらくして張りつめていた糸が切れたかのようになりました。
                不安感に包まれていくうちに、ふさぎこむようになりました。
                仕事面でも強くストレスを感じていたこともあり、
                ストレスから身を離してみようと、休職するに至りました。
                (仕事だけが原因ということではありません。
                他にも根本的なストレスがあったことも事実です。念のため。)


                そう文章にするとあっさりとしていますが、
                ふさぎこみながらも、本当は、仕事を休むことはとても憚られました。

                自分が属するチームの状況が分かっていたし、
                頑張りどころだということも理解していたし、
                何よりその状況で自分が休んだ分誰かが重荷になることがすごく嫌でした。
                元々不公平とか理不尽とか、そういうことが大嫌いなので、
                誰かに辛い思いをさせてしまうことが余計にしんどかったです。

                また、休むことで私はどうなるのか、ということも不安でした。
                でも、電車に乗ることもままならない。
                年齢(28歳)のこともあり、どのくらい病気と戦う必要があるのか、
                焦ってもいました。
                不安を感じては、どうしようもなく泣いていました。


                ただ、そのうちにこういう考えに至りました。


                この状態で戻っても何の役にも立たない。
                先のことは不安かもしれないが、今辛いのをどうにかしないと、先も何もない。
                であれば、本当に申し訳ないけど、今は自分のことを優先して考えよう。
                今の自分を少し楽にしてあげよう。


                そう考えられるようになったのは、休んでから1週間ほど経ってからでした。
                もっと早く開き直れたら良かったですが、弱かったんです。
                その後は少しずつ前向きになって、恐縮ながら仕事のことを忘れて、
                自分の病気のこと、治し方、体験談…などを独学で調べ、
                少しでも良くなるようなことがあれば実践するようにしました。
                おかげで、このブログを書いている今では、ふさぎこむこともなくなりました。


                この病気は「完治」ということは難しいもののようです。
                一生付き合う可能性も大いにあります。
                実際、私は3年前にも(当時はパニック障害の症状だと確信が持てませんでしたが)
                同様の症状で辛い思いをした記憶があり、
                今回それがひどくなって再発したようなものだと自分では認識しています。
                ただ逆に言えば、3年間は発作をさほど気にすることなく
                生活出来ていたとも言えるので、発作の引き金となるような
                ストレスへの対処など自分をマネジメントすることが重要なのだと実感しています。


                具体的には、”セロトニン”と呼ばれる脳内物質を増やすことが
                治療には重要であると聞いたので、増やすための運動、
                例えば毎日のランニングやウォーキング、ヨガ、座禅、
                自律訓練法などの実施や、食事にも気を付けて生活をしています。
                (別途服薬もしていますが、できれば徐々にやめられるように医師と相談します。)

                あとは出かける・生活するためのモチベーションも重要で、
                発作を気にせずに行動出来る範囲を徐々に広げていく療法も実施しています。
                (仲の良い友人は私の状態を知っても、気にせず食事などに誘ってくれ、
                おかげで出かける自信がついてきました。ありがとう。)
                私の場合は旅行が好きなので、また旅行に行けるように、
                少しずつ移動出来る距離を伸ばしていくとか、
                そもそも通勤が大丈夫なように慣らしていくようなことを頑張っています。

                と、こんな風に書くとちょっと「セロトニン様〜」みたいな感じで
                行動が宗教じみてるように見えるかもしれませんが笑、
                正直、治るのであれば試しにやってみたいという思いで行動しています。
                こんなところで立ち止まっていたくないから。

                ただ、実際に少しずつ発作も収まっています。
                薬のおかげもあると思いますが、焦らずに身体に良いと思ったことを
                続けてコントロール出来るようにしていければ、と思います。
                実際にこの病気を持ちながら、普通に出勤したり生活している人も多いので、
                私も心を整えてから、頑張ろうと思います。
                ストレスも溜めないように、もっと開けっぴろげに生きようと思います。
                (いいのかな…笑。)


                …なんて、まじめなことを書き綴りましたが、
                弱々しい自分を認めて、強くなりたいと決意を込めたものだと
                読み飛ばして頂けると幸いです。



                1ヶ月経って、ようやく、こう言えるようになりました。

                今は、心は折れてません。大丈夫です。

                また楽しく旅行や活動ができるように。
                仕事も前のように取り組めるように。
                休んでいる間に、自分としっかり向き合えて、
                少しだけ、強くなれたように思えます。

                急がず休養して、復帰します。
                みなさん、ありがとう。




                だいぶ落ち着いて来たのと、時間があるので、
                休養中の身ではありますが、過去の旅行についてのブログなどを更新しながら、
                また次の旅行へ出かけられるようにモチベーション高めていきたいと思います。

                ここまで読んで下さった方、辛抱強いですね笑
                女々しい独り言を読んで頂き、ありがとうございました。
                2011年あけました、むしろ1ヶ月経過しそう
                0
                  しばらく更新を怠っていました。
                  まさに怠惰、です。

                  なんで更新できなくなったのかな〜と思ったのだけど、

                  ・ネタがなかった(というほどないわけでもないような)
                  ・面倒になった(うーん)
                  ・代替で済ませてた(ついったーとかfacebookとかね)
                  ・そういう気分じゃなかった(うーむ)

                  とか大した理由が浮かばなかったので
                  やっぱり怠惰、です。

                  気がつくと2011年。
                  ていうか1ヶ月ももう過ぎようとしています。
                  気を取り直して、今年もよろしく、お願いします。


                  ***

                  とはいえ、更新再開した理由というほどの
                  大きなネタがあったわけではないので、
                  ちょっと自分の話になります。
                  そして少しどんよりしていますが、
                  復帰後第一作!みたいなノリでいきたいと思います。


                  多分、だれもあると思うんだけど、
                  どうしようもないくらいずーん、ってなってたり、
                  誰かに話したいけど話せない、
                  みたいな状態に陥ることが、ときどきあります。
                  普段は割とすぐ忘れたり
                  気にしないように心がけてるけど
                  どうしようもない瞬間、というのが、ときどき、訪れます。

                  普通に、酒飲む!ごはん食べる!誰かと話す!
                  とかすりゃーいいじゃん、なんだけど、
                  そういう消化の仕方ができないような感じなんですね。
                  我ながらめんどくさい。


                  で、そういうときいつもどうしているか、
                  というと、特になにもしていない。
                  だけど、その状態を晴らすことができるような
                  「何か」に出会えてしまう。
                  その「何か」によって、何度でも立ち直れる。
                  なんとなく、神様っているんだな〜、と思う。

                  それは私にだけじゃなくて、
                  誰にでもきっと上から見てる、そういう存在がいて、
                  「何か」に巡り会わせてるんじゃないかなあ。


                  少し話を戻しますが、
                  つまり、その『どうしようもない瞬間』というのが
                  つい最近訪れていました。

                  要は、自分の立ち位置というか、
                  どうあるべきか無駄に悩んでいて。

                  で、そのときに立ち直らせてくれた「何か」が
                  友達カップルの飲みだったり、
                  土岐麻子さんの「gift〜あなたはマドンナ〜」だったり、
                  ヤマシタトモコさんの「HER」だったり、
                  アクセサリーデザイナーさんの言葉でした。

                  ・・・多いですね 笑


                  この言葉がこのタイミングで欲しかった、
                  という感じで、

                  つらいなーと思ったときに
                  友達カップルに飲みを誘われて精神的に楽になって、
                  もがいてるときに土岐さん自身と歌と歌詞に励まされ、
                  今悩んでること、そんなことはどうでもよくなると「HER」に書いてあり、
                  立ち寄ったお店のデザイナーさんに
                  自分には何が似合って、それをどう選んで行くかが
                  大人になるにつれ分かってくるんだよね、と話をされて。

                  と、そのうちに、どうでも良くなった。
                  自分がどうあれ、ありのままの自分でいいと思った。


                  明日着ていく服を選ぶのも自分だし、
                  どんな発言をするかも自分だし、
                  次の休みに何をするか、誰と会うかも自分が選ぶんだし。


                  誰かのために、自分を押さえ込むなんて、
                  きっと、私らしくない。
                  そんなことで愛されても、
                  それこそが自分を苦しめるだけ。

                  背伸びしなくても、足踏みしなくても、
                  自分のままでいることが重要なんだろうな。
                  傲慢でいる、という意味ではなくて。

                  ありのままでいる自分が、友達にも恋人にも愛されるなら、幸せなことだ。
                  焦っても出し惜しみしてもいけないな。


                  というわけで今年も相変わらず成長しない私だと思いますが、、、
                  自分らしく、楽しみたいなと思います。


                  次回からは前のペースと同じくらいで更新していくぞーー!
                  この時期に思い出す、祖母のこと
                  0
                    これは以前ブログにも書いたことだけど。改めて。

                    ***

                    父方の祖母は、2年前に亡くなった。

                    祖母は癌を患っており、大変危ない状況だったそうだ。
                    命の灯が消えるかどうか、
                    という状態を繰り返しながらも奇跡的に持ちこたえ、
                    最終的には、11月末に永眠となった。

                    なぜ、11月末まで持ちこたえられたか。
                    それは、りんご農家の嫁として長らく務めてきたからだと、皆が口を揃えて言う。

                    つまり、こういうことだ。

                    父の実家はりんご農家で、11月を迎えると、末にかけて、
                    収穫や出荷作業で大変忙しいそう。

                    そんなりんご農家に若くして嫁いだ祖母は、
                    この時期、どのくらい大変かをよく知っていたから、
                    出荷が落ち着くまで頑張ってくれたのではないか、と。


                    美談、なのかもしれないけれど、
                    私は信じている。

                    言葉が悪いかもしれないが、
                    死に方ひとつをとっても、
                    祖母がどんなに頑張って、信頼されていたかがよく分かる話だから。


                    人の価値は死に際にわかる、と言われることがある。

                    一生懸命に、まじめに頑張って生きて、
                    「美談」ができるような人間でありたい、と、切に思う。


                    人生80年、と言われてるくらいだから、まだまだ積み重ねられるはず。

                    こつこつ、地道にがんばろう!

                    考えてみる(ひとりごと)
                    0
                      旅行記でもなんでもないことをブログに書くのは
                      だいぶひさしぶりですが、
                      体調が優れなくて頭だけ使う時間があったので、
                      備忘録的に残してみる。




                      おしごとについて。


                      あるひとと仕事について話す機会があったので、
                      そのときの気持ち、テンションのまま仕事について話していて、
                      ふと気がついた。
                      わたし今の仕事好きなんだなーって。

                      正直、信じられない、というか
                      仕事しててストレスが溜まってた時期でもあったので
                      「今の仕事が好きで、やりがいを感じている」
                      っていう結論に達したときに、自分で自分の発言に度肝を抜かれた。
                      いいとこ見せよう、と思ったわけでもなかったから、
                      これが私の素直な気持ちなのかーと。


                      今の会社で5年目ともなれば、もう立派な「先輩」なので、
                      滅多なことでないかぎり叱られたり怒られる、なんてことはない。
                      現に5年目になってから、そんな記憶はない。

                      ともなると、わたしは1年目の頃よりも
                      成長する機会を失っているのだ。
                      自分自身で成長する機会は増えているかもしれないけれど、
                      圧倒的に、他から与えられる機会は減っているのだ。
                      だから、正直、今の職場に転勤してからは、
                      なんとなく、物足りなさを感じてしまっていた。
                      見られているようで、見られていない。そんな環境に。

                      だからこそ、新しい事をやりたがった。
                      慣れていること、ではなくて。
                      そんな風に簡単に挑戦させてくれる会社は、やっぱりそうない。
                      この業界だから、な気がしている。
                      自分がだめになる、と思ったときに、
                      自分で動けることに、とても感謝している。


                      新しい事は、やってみてわかる事がたくさんあって、
                      自分の甘さにも気づかされるし、
                      なによりお客さんがとても良いお客さんだから、
                      つらいこともあるけど、すごく、楽しい。
                      それは多分自分の成長を感じられるから、なのかな。

                      もちろんしんどいこともあって、てやんでえ!と思うけど、
                      それが「ムダ」なのか「ムダでない」のか、
                      自分にとってダメージを与えるものでないのか、という分別はもうつけられるし、
                      去年のように、もうだめだ、となる前にコントロールできるように
                      なったことも成長した、といえることなのかもしれない。


                      とどまらないように、あたらしいことに挑戦させてくれること。
                      でも、むりしないように、コントロールをさせてもらえること。

                      これが、今の会社を、仕事を好きだと、やりがいがあると言える理由。
                      副次的には、挑戦したことでうまくいったら、とても嬉しいこと、が理由かな。




                      仕事での失敗について。


                      思うに、失敗して後悔するのは、
                      次を起こさないためだけ、だと思う。

                      今回起こした失敗はどうして起きてしまったのか。
                      そしてそれを次起こさないためにはどうするか。

                      これさえできていれば、二度と後悔する必要なんてないんだ。
                      どうやったって、起きてしまったことは変えられないのだから。

                      そしてその次、どうすれば良いか、と考えると、
                      起こしてしまった失敗を起こさないように、するだけ。

                      そうしたら、少なくとも同じ失敗は、これからは起こさない。
                      また新しい失敗を起こすかもしれないけれど、
                      そうしたらまた同じことをすれば良い。
                      そうすれば、自然と失敗は少なくなる。


                      これは失敗を起こしてしまった場合の話。

                      で、失敗を未然に防ぐにはどうすべきか?

                      個人的に気をつけているのは、過去の失敗や
                      他の人で見た失敗から、こんなことを考えてたりする。

                      ・先任者、先輩がいたら、コツを聞いておく。
                       おさえておくべきポイントを聞いておくだけでも、
                       何に注意すべきかがよくわかる。
                      ・どうなったら、最悪の事態が起きてしまうか?を先読みして、
                       そうならないためのポイントを考えておく。

                      私の仕事で言えば、先任者はいなくはないけれど、
                      お客さんによっておさえるべきポイントが違うので、
                      どちらかというと後者の方を考えることが多い。

                      最悪の事態、
                      例えば「納期忘れ」だとすれば、
                      納期を忘れないために事前にアラート予定を2度入れておく、だとか。
                      「納期に間に合わない」だとすれば、
                      どうすれば納期に間に合うようなスケジュールができるか、
                      を考えてスケジュールを組み直したり、
                      事前に仕事を頼める相手に相談をしておく、だとか。

                      もしそれでもできなかった場合は、
                      振り返って、二度とそうしないための対策を取る、
                      というのは上述の通り。

                      ・・・結構、単純な考えだと思います。
                      特別なことは何一つしてないので。

                      重要なのは、どこまで先の事に想像をふくらますことができるか?
                      なのかなあと、思います。
                      くよくよ悩むこと、ではなくて。


                      まあ、まだ偉そうなこと全然言えないですけど。
                      今取り組んでる仕事はダメダメだし・・・。

                      改めて頑張ろうと思います。

                      \ネ兄/ 免許とれました。26の夏。
                      0
                        「え?まだ取ってないの?」
                        「写真付きの証明書、ないの?」

                        と、さんざんいじめられつづけた私ですが、
                        齢26にしてようやく普通免許取れました。バンザーイ!

                        2月に行き始めて5ヶ月かー。
                        基本土日しか行けなかったのと、
                        3月混みすぎて行かなかったり、
                        5月に遊びに行ってしまったりとあったので
                        だいぶかかってしまいました。

                        土日だけでまともにいったら3ヶ月強くらいで
                        取れそうな気がしますので、
                        社会人のみなさま、あきらめずに、ぜひ!(お前に言われたくないw)
                        ただ教習所によっては土日やっていないところがあるみたいね。

                        とりあえず、今週からこつこつ大型ショッピングモールの
                        空き駐車場に繰り出して駐車の練習したり、
                        本格的な夏までに少しでもうまくなりたいと思います。


                        くるまって、、、たのしい!
                        Web Analytics