雑食に、イロイロなものを。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    << 森、道、市場 | main | KYOTOー1(2011年9月末のお話) >>
    最近のこと
    0
      しばらくぶりのブログ更新となります。

      更新がなかった理由はブログに写真をアップすることが面倒であったからです。
      その間、代わりにfacebookをメインに旅行など日々のことを更新していました。
      ブログを読んで頂いていた方にはもしかしたらご心配かけたかもですが
      元気にやってました。すみません。



      そんな中で、改めてブログを更新しようと思った理由として、
      現在の私の状況を記録しておきたかったのと、
      それを機に改めて前のようにブログ更新を再開しようと思ったためです。

      普段の私のことを知らない方にはなんのこっちゃ、でしょうが
      そういう場合は華麗にスルーして下さい。

      また、自己満足な長文のため、ご了承下さい。



      実は、7月頭より休職をしています。
      9月から復帰できるよう、リハビリというか、心の準備というか、…をしています。

      病名は、不安神経症、特にパニック障害と言われるものです。
      ※詳しくはwikiなどで調べて頂ければ載っているので説明は割愛します。

      元々、長く休養しようとは思っていませんでした。
      けれども、発症してからしばらくして張りつめていた糸が切れたかのようになりました。
      不安感に包まれていくうちに、ふさぎこむようになりました。
      仕事面でも強くストレスを感じていたこともあり、
      ストレスから身を離してみようと、休職するに至りました。
      (仕事だけが原因ということではありません。
      他にも根本的なストレスがあったことも事実です。念のため。)


      そう文章にするとあっさりとしていますが、
      ふさぎこみながらも、本当は、仕事を休むことはとても憚られました。

      自分が属するチームの状況が分かっていたし、
      頑張りどころだということも理解していたし、
      何よりその状況で自分が休んだ分誰かが重荷になることがすごく嫌でした。
      元々不公平とか理不尽とか、そういうことが大嫌いなので、
      誰かに辛い思いをさせてしまうことが余計にしんどかったです。

      また、休むことで私はどうなるのか、ということも不安でした。
      でも、電車に乗ることもままならない。
      年齢(28歳)のこともあり、どのくらい病気と戦う必要があるのか、
      焦ってもいました。
      不安を感じては、どうしようもなく泣いていました。


      ただ、そのうちにこういう考えに至りました。


      この状態で戻っても何の役にも立たない。
      先のことは不安かもしれないが、今辛いのをどうにかしないと、先も何もない。
      であれば、本当に申し訳ないけど、今は自分のことを優先して考えよう。
      今の自分を少し楽にしてあげよう。


      そう考えられるようになったのは、休んでから1週間ほど経ってからでした。
      もっと早く開き直れたら良かったですが、弱かったんです。
      その後は少しずつ前向きになって、恐縮ながら仕事のことを忘れて、
      自分の病気のこと、治し方、体験談…などを独学で調べ、
      少しでも良くなるようなことがあれば実践するようにしました。
      おかげで、このブログを書いている今では、ふさぎこむこともなくなりました。


      この病気は「完治」ということは難しいもののようです。
      一生付き合う可能性も大いにあります。
      実際、私は3年前にも(当時はパニック障害の症状だと確信が持てませんでしたが)
      同様の症状で辛い思いをした記憶があり、
      今回それがひどくなって再発したようなものだと自分では認識しています。
      ただ逆に言えば、3年間は発作をさほど気にすることなく
      生活出来ていたとも言えるので、発作の引き金となるような
      ストレスへの対処など自分をマネジメントすることが重要なのだと実感しています。


      具体的には、”セロトニン”と呼ばれる脳内物質を増やすことが
      治療には重要であると聞いたので、増やすための運動、
      例えば毎日のランニングやウォーキング、ヨガ、座禅、
      自律訓練法などの実施や、食事にも気を付けて生活をしています。
      (別途服薬もしていますが、できれば徐々にやめられるように医師と相談します。)

      あとは出かける・生活するためのモチベーションも重要で、
      発作を気にせずに行動出来る範囲を徐々に広げていく療法も実施しています。
      (仲の良い友人は私の状態を知っても、気にせず食事などに誘ってくれ、
      おかげで出かける自信がついてきました。ありがとう。)
      私の場合は旅行が好きなので、また旅行に行けるように、
      少しずつ移動出来る距離を伸ばしていくとか、
      そもそも通勤が大丈夫なように慣らしていくようなことを頑張っています。

      と、こんな風に書くとちょっと「セロトニン様〜」みたいな感じで
      行動が宗教じみてるように見えるかもしれませんが笑、
      正直、治るのであれば試しにやってみたいという思いで行動しています。
      こんなところで立ち止まっていたくないから。

      ただ、実際に少しずつ発作も収まっています。
      薬のおかげもあると思いますが、焦らずに身体に良いと思ったことを
      続けてコントロール出来るようにしていければ、と思います。
      実際にこの病気を持ちながら、普通に出勤したり生活している人も多いので、
      私も心を整えてから、頑張ろうと思います。
      ストレスも溜めないように、もっと開けっぴろげに生きようと思います。
      (いいのかな…笑。)


      …なんて、まじめなことを書き綴りましたが、
      弱々しい自分を認めて、強くなりたいと決意を込めたものだと
      読み飛ばして頂けると幸いです。



      1ヶ月経って、ようやく、こう言えるようになりました。

      今は、心は折れてません。大丈夫です。

      また楽しく旅行や活動ができるように。
      仕事も前のように取り組めるように。
      休んでいる間に、自分としっかり向き合えて、
      少しだけ、強くなれたように思えます。

      急がず休養して、復帰します。
      みなさん、ありがとう。




      だいぶ落ち着いて来たのと、時間があるので、
      休養中の身ではありますが、過去の旅行についてのブログなどを更新しながら、
      また次の旅行へ出かけられるようにモチベーション高めていきたいと思います。

      ここまで読んで下さった方、辛抱強いですね笑
      女々しい独り言を読んで頂き、ありがとうございました。
      スポンサーサイト
      0
        少し気になってたけど、そんなことがあったんだね。
        今は無理せずにゆっくり休んでね。
        んでもって落ち着いたらまたわいわいしましょー!
        いとちん | 2012/08/06 22:43
        いとちんさん、ありがとうございます。浴衣でビアガーデンだとかオクトーバーフェストだとか、色々盛り上がりたい夏だったのに…と悔しい限りだけど、焦らずがんばります。またわいわいできるの楽しみにして自分鍛えます。昔よりムキムキになってるかもですがご容赦を…笑
        れこ | 2012/08/06 22:56
        あら、FBに釣られて来てみたら、相当大変だったのですね。

        かくいうワタクシは以前毎日の嘔吐生活からの心身ボロボロからの死亡遊戯→結果退職みたいな感じだったので(無論退職理由はこれだけじゃないですが、トリガーだったことには間違いなく。)ヒトゴトとは思えない感じでしてね。

        で、何が伝えたいかというと、体は大切にしましょうねってことですw
        hokari | 2012/11/19 23:28
        わわ、ほかりさん!
        こんなところまで…!ありがとうございます^^笑
        もうわたしはほとんど良くなってるので大丈夫です!

        そういえば、ほかりさん退職の際も壮絶だったと聞いてました。名古屋に来てからは詳しくは分かりませんが、わたしがまだ東京だった頃すでに「最終奥義:ほかりさん」みたいな構図ありましたからね…出来る人がいないからついついほかりさんに頼ってしまうという…。尊敬しつつも”大丈夫かしら…”という目で見ていた記憶があります。

        やっぱり身体が元気であってこそ、ですね!今はお元気でしょうか?また名古屋に来ることがあれば飲み行きましょう♪
        れこ | 2012/11/20 10:18
        まぁ結論大丈夫じゃなかったっていうねw 今年に入ってから大丈夫になりましたが、かれこれ1.5年くらい無理してたんだと思います。

        でも振り替えればその前から長年蓄積したモノが色々あったんだと思うのですよねー。レコさんもオレも基本なんかあったら頑張ってはしまうタイプだと思うので、お互いに気を付けましょうねーφ(゜゜)ノ゜
        hokari | 2012/11/20 12:44
        やはり…!辛かったでしょうね。今は大丈夫になったと聞けて、それだけが何よりです。

        わたしはアレですけどw、ほかりさんは責任感強くて優しい人ですから、やっぱり溜めに溜めてたんだと思います。わたしはアレです、溜められるキャパがないタイプですw

        とにかく良くなった今だからこそ、ほんとに気をつけて仕事しようと思ってます。お互い無理せず、人生楽しみましょう〜^^ ありがとうございました!
        れこ | 2012/11/20 21:47
        COMMENT









        Trackback URL
        http://recology.jugem.jp/trackback/267
        TRACKBACK
        Web Analytics