雑食に、イロイロなものを。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    << 変化点 | main | 47都道府県制覇、と、観光地について >>
    最近の気付き
    0
      SNSからちょっと身を離して、ブログにて。
      楽しいんだけど、気になっちゃうから、少し自分のことに集中しようと思って。
      ほんとに必要な情報は自分で確認するし、直接連絡したいから、逆にシャットアウトして良かったかも?


      さて、最近は仕事に振り回される日々を過ごしています。
      楽しくもあり、プライベートとの両立がうまくできてなくて辛くもあり。
      今が頑張りどきなので駆け抜けたいけど、体力にも限界あります、年齢的に笑

      土日は外に出かけたり体動かしたり、ふらっと旅行に行きたいのに、
      それが満足できるほどできていないのが、
      今いちばん良くないことかも。
      そして疲れてそのモチベーションが削がれているのが問題…

      な、なんだか暗いことばかりになってきたぞ…!


      気を取り直して、最近の気付きを。


      ・素を出す。
      好かれたいと思う人には、ついいい人、しっかりした人ぶってしまうけど、
      「お前の魅力は素だ!」(ほんとかよ…)
      と散々言われまくったので、少しずつマイペース出していこうと思います。
      仕事の関係の方だと特にしっかりしてなきゃって思うけど、緩急はつけないと面白みないよね。
      人として魅力的だと思わせるように、
      って考えるのはいけないけど、
      素のままで好かれるのが1番いいから、素を出して行こうと思います。
      嫌われません様に!笑


      ・話せば大抵の人は好きになれる。
      ほんとに!
      正直苦手だなー、何考えてるかわかんないなー、って人でも、
      とにかく話しかけたり飲みに行ったりしてると、人となりや良いところが分かって、
      気付くと仲良くなってることが最近ある。

      昔は苦手な人には近付かないようにしてたけど、フィルターかかってたのよね。
      会社の同僚と仕事の考え方に相違があって、この人とは合わないなーって思ってたんだけど、ふとしたことで飲みに行ったらそんなことはなくなって。
      私も成長したということなのかな。

      あとは、心理学的に、対象のことを知れば知るほど嫌いになりにくくなる
      ということがあるそうで、まさにそれの応用かも。
      と、考えると、もっと人に自分のことを知ってもらうためにオープンになる必要もあるわね。
      最近会社では開けっぴろげにできるようになりましたが、
      プライベートもそうしたいと思います…


      ・縁は大事に。
      プライベートでも仕事でも、幸いなことにいい方に恵まれている。
      そんな人たちとは会えるチャンスがあれば積極的に会いに行く。
      こないだは遠方の元担当者さんが名古屋に来てたので、
      会えるかもと思い会場に行ったが不在だったという肩透かしを喰らいましたが…
      でもほんとに人との縁は大事にしたい。
      会いたい人に会うのが、楽しみや原動力につながる。


      ・体を動かす
      気分がパッとしないときほどそう。
      体は心とリンクしてるので、運動して高揚すれば、気持ちも上がる。
      休職中、気持ちが全く折れたりしなかったのは、毎日ランニングしてたからだと思います。
      疲弊して心が折れそうな今、ランニングやらヨガやら頑張ります…笑


      当たり前のことなんだけど、最近ハッとさせられることが多いので、
      この気持ちを忘れないようにメモ。
      スポンサーサイト
      0
        ぜーったい嫌いになんてならない!
        素でぶつかってきて&#9829;
        しほ | 2014/05/20 23:45
        COMMENT









        Trackback URL
        http://recology.jugem.jp/trackback/276
        TRACKBACK
        Web Analytics